「ロディニア大陸」の版間の差分

m
ロディニア大陸の読み方に英語を追加
m (→‎外部リンク: bot対策のため節stubを節スタブに変更 using AWB)
m (ロディニア大陸の読み方に英語を追加)
タグ: 2017年版ソースエディター
[[File:Rodinia reconstruction.jpg|thumb|7億5000万年前のロディニア大陸。造山帯が緑色の帯で示されている。赤点は13~15億年前のAタイプ花崗岩が見つかる場所を示している。<ref>{{cite news|url=http://antarcticsun.usap.gov/science/contenthandler.cfm?id=2497 |title= Research paper suggests East Antarctica and North America once linked |date=26 August 2011 |newspaper=The Antarctic Sun |publisher=United States Antarctic Program |accessdate=15 November 2012}} Reconstruction originally published in {{Harvnb|Goodge|Vervoort|Fanning|Brecke|2008|loc=Fig 3A, p. 238}}; research paper mentioned is {{Harvnb|Loewy|Dalziel|Pisarevsky|Connelly|2011}}.</ref>]]
 
'''ロディニア大陸'''(ロディニアたいりく、Rodinia)とは、[[プレートテクトニクス]]理論において、約10億 - 7億年前に誕生し、約6億年前に分裂したと考えられている[[超大陸]]である。「ロディニア」という名前は[[マーク・マクメナミン]]によって1987年に考案され、1990年に発表された<ref>妻のダイアナと共著で書いた『動物の出現 -カンブリア紀の大躍進-』という本で発表した。(テッド・ニールド 2008年 216ページ)</ref>。これは[[ロシア語]]で「故郷」を意味する単語の「ロージナ」({{lang|ru|родина}}, rodina)に由来し<ref>「ロディニア」という名はロシア語で一族、親戚を意味する名詞であり、「~を生む」という意味の動詞ロディツに由来し、ロディツが元になってロディナ(生誕の地、母国の意味)ができた。(テッド・ニールド 2008年 216ページ)</ref>、[[エディアカラ生物群]]がこの大陸の周辺で進化したことを表している。
 
== 概要 ==
14

回編集