「雲林寺 (中津川市)」の版間の差分

編集の要約なし
m
|名称 = 雲林寺
|画像 =
|所在地 = [[岐阜県]][[中津川市]][[苗木 (中津川市)|苗木]]2875
|山号 = [[天龍山]]
|宗派 = [[臨済宗]][[妙心寺]]派
|本尊 = 地蔵菩薩
|開基 = 遠山友政
|開山 = 夬雲玄孚
|正式名 = 天龍山雲林寺
|別称 =
|札所等 =
}}
 
'''雲林寺'''(うんりんじ)は[[岐阜県]][[中津川市]][[苗木 (中津川市)|苗木]]にかつて存在した[[臨済宗]]妙心寺派の寺院で、山号は天龍山。[[苗木藩]]主歴代の菩提寺であったが、[[廃仏毀釈]]により廃寺となった。
 
慶長19年(1614年)に[[遠山友政]]が一族の菩提寺を建立することを発願して帰依していた八百津[[正伝寺 (岐阜県八百津町)|正伝寺]]の維天和尚を開山として招請したが、維天は高齢であったため関[[梅龍寺]]8世(加治田[[龍福寺 (岐阜県富加町)|龍福寺]]2世)の夬雲玄孚を推挙した。そこで、[[元和 (日本)|元和]]元年(1615年)に夬雲玄孚を開山として開かれている。寺号は遠山友政の法名に因んでいる。その後苗木藩から寺領を与えられるなど篤く保護され、塔頭として正岳院と寿昌院があったほかに苗木藩領内に18の末寺を持って繁栄していた。
[[Category:岐阜県の寺]]
[[Category:中津川市の歴史]]
[[Category:廃寺]]
匿名利用者