「フランクフルト地下鉄」の版間の差分

なお、上記以外に非営業の回送線が存在し、地下鉄同士、あるいは路面電車と接続している。
 
== 車 ==
路面電車然とした形態が特徴だが、Ptb型を除きステップレスで、2車体連接、2,650mmの幅広な車体が特徴である。なお、工場入場時は、いずれの車種も路面電車の線路を自力回送することがある。
; [[:de:U-Bahn_Frankfurt#U1-Wagen|U1型]]: 地下鉄車輌の試作的位置づけとして、[[DUEWAG|デュワグ]]社で1965年に2編成が製造された。曲面ガラスを持つ3枚窓の前面が特徴。当初は1001・1002であったが、68年に301・302に改番されている。当初はかつての市電同様クリームに紫帯であったが、後にU2型同様に赤・白の塗り分けとなった。76年に使用停止、運用にいたることはなかった。1編成は復元のうえ市電博物館に保存されている。
ファイル:U4-Wagen U2 Bonames.jpg|thumb|U4型
</gallery>
; [[:de:U5-Triebwagen|U5型]]: U2型置き換えを目的に、2008年から増備が始まった。ボンバルディア製の“'''[[フレキシティ・スウィフト]]'''”で、当市標準の2車体連接・高床を踏襲している。また、初の冷房車でもある。今後146編成が製造される予定であり、更にU3型の置き換えも検討されている。この形式はU5-25とU5-50の二つに分けられており、ハイフンのあとの数字がメートルを示す。つまり、U5-25は2車体連接者、U5-50は4車体連接者となっている。U5-50の場合、中央の連接部分に、仮運転台が設けられている。これは、工場に入線するときに、分割させて入線させることを可能にさせるためとなっている(実際、使われたことは、ほとんどない。連結器の掃除のときのみ、切り離されるが、運転台はその場合は使われない。)。2012年現在、U5-25は603 - 、U5-50は801 - がつけられている。今後も車両は増える模様。601と602が欠番となっている理由は、すでに廃止されているからである。理由は、製造時に、洪水による被害を受けたため、機器類がさび付いている可能性があるから。また、フランクフルトに最初に到達した車輛は、603、604号であり、601、602が到着するまでは、仮にその番号をつけていた。ただし、訂正されていたのは、車両の外側についている番号のみで、車内の番号はそのままであった。つまり、一時期外側が601、内側が603という表記が見られたという。
<gallery>
ファイル:U5-Triebwagen-607.jpg|thumb|U5型
匿名利用者