「オープン・ザ・ブレイブゲート王座」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
挑戦資格は体重82kg以下であるが[[2009年]][[2月12日]]の第12代王者の[[吉野正人]]の2度目の防衛戦の相手の[[KAGETORA (プロレスラー)|KAGETORA]]は85kgで規定体重をオーバーしていた。この防衛戦は先月25日に行われた「BATTLE OF TOKYO 2009」優勝者と行うことになっていた。しかし、吉野が全参加選手の体重を確認しておらず、KAGETORAの言い分を呑む形となった。そのためこの試合のみ体重制限が撤廃された。これまで規定体重をオーバーしてブレイブゲートに挑戦した選手はいなかった(挑戦が決まった段階で82kg以上あった選手もいたが体重を落として82kg以下にして挑戦した)。
 
このタイトルで王座返上で防衛回数0の選手はいたが、タイトルマッチで敗れて防衛回数0になった選手はいなかったのだが、2018年3月3日に神田裕之がパンチ富永に敗北した事により、
 
== 脚注 ==
匿名利用者