「集積回路」の版間の差分

(技術の心得がないものにも分かるように書くか根拠が必要)
 
=== SSI、MSI、LSI ===
SSI、MSI、LSI というのは、集積する素子の数によってICを分類定義<ref>{{Citation | title =The Bipolar Digital Integrated Circuits Data Book | publisher =日本テキサスインスツルメンツ}}<!--そこらへんを調べればいくらでも見つかるのは分かっています。求めているのは「初出」です--><!-- 初出かどうかはわかりませんが、このデータブックが日本の技術者達にこの分類法を広めました。TTL IC の SN7400 シリーズのデータブックです。 --></ref>したものである。「MSI IC」のようにも言うものであるが、今日ではほぼ使われず、ふつう、ない。比較的小規模のものを単にIC、比較的大規模のものを単にLSIとしているが、現在ではICとLSIを同義語として使うことも多い
 
初期の集積回路はごくわずかなトランジスタを集積したものであった。これをSSI(Small Scale Integration)とするのであるが、後にMSI(Middle Scale Integration)やLSI(Large Scale Integration)という語と同時に作られたと思われる、おそらく[[レトロニム]]であろう。航空宇宙分野のプロジェクトで珍重され、それによって発展した。[[ミニットマンミサイル]]と[[アポロ計画]]は慣性航法用計算機として軽量のデジタルコンピュータを必要としていた。[[アポロ誘導コンピュータ]]は集積回路技術を進化させるのに寄与し、ミニットマンミサイルは量産化技術の向上に寄与した。これらの計画が[[1960年]]から[[1963年]]まで生産されたICをほぼ全て買い取った。これにより製造技術が向上したために製品価格が40分の1になり、それ以外の需要が生まれてくることになった。
18

回編集