「市川團十郎」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
なお團十郎の[[名跡]]はその圧倒的な存在感とは裏腹に、代々のうち半数が何らかの形で非業の最期を遂げていることでも知られている。
 
すなわち、[[市川團十郎 (初代)|初代]]は舞台上で共演の役者によって[[刺殺]]された(満44歳)<ref>[[市川團十郎 (初代)#経歴]]</ref>。[[市川團十郎 (3代目)|三代目]]〈養子〉は公演先の大坂で病を得て江戸には戻ったものの2か月後に[[死]]去(満21歳)。[[市川團十郎 (6代目)|六代目]]〈養子〉は風邪をこじらせて急死(満21歳)、[[市川團十郎 (8代目)|八代目]]は公演先の大坂で謎の[[自殺]]を遂げ(満31歳)<ref>[[市川團十郎 (8代目)#来歴]]</ref>、[[市川團十郎 (11代目)|十一代目]]〈養子〉は59年ぶりの團十郎襲名後わずか3年半で病死(満56歳)<ref>[[市川團十郎 (11代目)#團十郎襲名]]</ref>。十二代目[[市川團十郎 (12代目)|十二代目]]は[[白血病]]を患い、9年間におよぶ闘病の末死去した(満66歳)<ref>[[市川團十郎 (12代目)#年譜]]</ref>。
 
團十郎の[[名跡]]を継いだ全員が[[不幸]]にもなっている。 子宝、跡取りにも恵まれず、三代目から血のつながらない養子になった。十二代のうち半数の6人が養子である<ref>[[成田屋#解説]]</ref>。
207

回編集