「市川團十郎」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
[[市川團十郎 (2代目)|二代目]]は[[江島生島事件]]に巻き込まれた。子供ができなかった<ref>[[市川團十郎 (2代目)#来歴]]</ref>。
 
 
[[市川團十郎 (4代目)|四代目]]〈養子〉は[[男色]]家<ref>[[市川團十郎 (4代目)#来歴]]</ref>。二代目と容姿も性格も似ていなかった。荒事では失敗ばかりが続いた。陰気で適役がぴったりで「團十郎らしくない」と批判された<ref>中川右介『歌舞伎-家と血と藝』[[講談社]] 現代新書、2013年、35頁</ref>。
 
 
[[市川團十郎 (5代目)|五代目]]は長男が満7歳で死亡<ref>金沢泰隆『市川團十郎』(有)青蛙房、2013年新装版(1962年初版)、116頁</ref>。
 
 
[[市川團十郎 (7代目)|七代目]]〈養子〉は[[天保の改革]]で江戸追放<ref>[[市川團十郎 (7代目)#来歴]]</ref>。
207

回編集