「夫婦別姓/log20210630」の版間の差分

 
==== 2018年4月に予定される訴訟 ====
2018年3月に、[[東京都]][[広島県]]の[[事実婚]]当事者のカップル4組8名が、東京家裁と同立川支部、広島家裁の3カ所で別姓の[[婚姻届]]の受理を求める審判の申し立てを行った<ref name=bengo20180314 /><ref name=tbs20180314 />。同8名は、民法改正を求め、[[東京地判所]]および[[広島地判所]]に、2018年4月に提訴する予定であることが報道されている<ref name=bengo20180314>[https://www.bengo4.com/internet/n_7570/ 夫婦別姓訴訟の第二幕スタート 東京と広島で婚姻届受理求め、家裁に審判申し立て]、弁護士ドットコムニュース、2018年3月14日。</ref><ref name=tbs20180314>[http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3316437.html 夫婦別姓の婚姻届不受理、家裁に審判申し立て]、TBS News、2018年3月14日。</ref><ref>[https://mainichi.jp/articles/20180228/k00/00m/040/088000c 夫婦別姓 国家賠償求め集団提訴へ 東京と広島地裁に]、毎日新聞、2018年2月27日。</ref><ref>[https://www.asahi.com/articles/DA3S13358061.html 別姓を選べる社会、今度こそ 男性ら提訴、戸籍法の規定に着目]、朝日新聞、2018年2月14日。</ref><ref name=bengo20180227>[https://www.bengo4.com/internet/n_7504/ 「夫婦別姓訴訟」3月に再び提訴へ…最高裁判決から2年「再度、判断求めたい」]、弁護士ドットコムニュース、2018年02月27日。</ref><ref>[https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/fufubessei2stage?utm_term=.cr5ovv65L#.orQQVVd3o 出産後にペーパー離婚。家族なのに......選択的夫婦別姓の裁判、第2ステージへ]、Buzzfeed、2018年2月27日。</ref>。この訴訟においては、同姓を選んだカップルは法律婚ができるにもかかわらず、別姓を選んだカップルは法律婚ができない、という状況が「[[信条]]」による差別であり、[[日本国憲法第14条|憲法14条違反]]であるとして、民法だけではなく、民法と戸籍法の双方の違憲性を問う予定<ref>「打越さく良弁護士に聞く―新たな『別姓訴訟』では『カップル間不平等』を問う」、週刊金曜日、1172号、pp. 20-21、2018年2月16日。</ref><ref name=bengo20180227 />。また、法律婚のみに与えられている法益権利や法的利益([[共同親権]]、[[相続権]]、税法上の優遇措置、[[不妊治療]]など)が与えられない、夫婦であることの社会的承認も得られないなどの点でも、差別があることを問う他、両性の実質平等が保たれていないことが[[日本国憲法第24条|憲法第24条]]に違反し、また、国際人権条約である[[自由権規約]]と[[女性差別撤廃条約]]に違反していることも問う、としている<ref name=bengo20180227 />。原告は2011年訴訟とは異なるが、弁護団は2011年訴訟と同じ[[弁護士]]が担当する<ref>[https://mainichi.jp/articles/20180228/ddm/012/040/076000c 夫婦別姓 「認めて」 東京・広島4組が提訴へ 15年に敗訴の弁護団]、毎日新聞、2018年2月28日、東京朝刊。</ref>。
 
=== 世論調査 ===
匿名利用者