「星ヶ岡茶寮」の版間の差分

(カテゴリ修正)
ところが、この地を訪れた三野村利助・奥八郎兵衛・小野善右衛門らは、公園の一部が非常に風光明媚な場所であるとして、この地に茶寮を開いて要人達の会合の場とすることを[[岩倉具視]]らに提議した。1881年(明治14年)6月14日に三野村・奥らは「星岡茶寮」を設立して、当時としては大金であった1万円の工事費をかけて茶寮を建設、翌1884年(明治17年)6月17日に開寮式を開いた。当時を代表する茶人であった松田道貞をここに招聘して華族や政官財の要人に茶道を教授させ、あるいは茶会を開いたり、古式の食事を供するなど、上級階級の社交場としての体裁を整えた。
 
大正に経営不振に陥った後、[[関東大震災]]後に当時美食家として知られていた[[北大路魯山人]]と[[便利堂]]の中村竹四郎に貸し出された。[[奉加帳]]の最初の署名を徳川家16代当主で貴族院議長の[[徳川家達]]にするなどして資金を集め<ref name=naka>『没後50年 北大路魯山人展』カタログ、[[中ノ堂一信]]「北大路魯山人 その芸術家としての歩み」</ref>、中村が社長、魯山人が顧問となって<ref name =rosanjin>[http://books.google.co.jp/books?id=S7JEnF9zER8C&pg=PA142 『北大路魯山人』小松正衛、保育社, 1995]</ref>、1925年(大正14年)3月20日に彼らが主宰する[[美食倶楽部]]の会員制料亭となった。ステータスのある料亭として政財界で人気を集めたが、魯山人の横暴さや出費の多さが問題になり、中村は魯山人を解雇<ref name="rosanjin"/>、1945年(昭和20年)には空襲によって焼失した。
 
更に戦後の混乱から中村の手から離れた茶寮は転々とした後、[[東急グループ]]の[[五島慶太]]の所有地となり、1956年(昭和31年)に中国料理店「星ヶ岡茶寮」を開業した。後にこれを廃して1963年(昭和38年)に新たに東京ヒルトンホテル(後の[[キャピトル東急ホテル]])をオープンさせた。なお、同ホテルも平成に入ってからは老朽化が目立ち、2006年(平成18年)に閉館し取り壊された。現在は跡地に東急キャピトルタワーが建設され、タワー内で[[ザ・キャピトルホテル 東急]]が営業している。