「アントナン・アルトー」の版間の差分

m
1920年代後半には映画に関わる仕事が続く。[[アベル・ガンス]]監督の超大作映画『ナポレオン』(1926年)出演([[ジャン=ポール・マラー]]役)に続いて、サイレント映画の最高峰と評される[[カール・ドライヤー]]監督の『[[裁かるゝジャンヌ]]』(1927年)に出演(修道士ジャン・マシュー役)。また同じ時期に[[ジェルメーヌ・デュラック]]監督『[[貝殻と僧侶]]』(1927年)の脚本を書いている。
 
1936年、[[アイルランド]]旅行中に精神病院に収監され、1947年に退院するが、その体験を後に告発した。『[[フィンセント・ファン・ゴッホ|ヴァン・ゴッホ]]』で[[サントブーブ賞]]受賞。その思想は[[ジル・ドゥルーズ|ドゥルーズ]]や[[ジャック・デリダ|デリダ]]に影響を与え、その演劇論は[[ピーター・ブルック]]らに受け継がれる。
 
==バーチャル・リアリティ==