「儒学者」の版間の差分

→‎日本における儒者: {{See|日本の儒教}}を追加
(→‎日本における儒者: {{See|日本の儒教}}を追加)
 
== 日本における儒者 ==
{{See|日本の儒教}}
儒教が日本に伝来した古代から中世には、[[紀伝]]・[[明経]]・[[明法]]・[[算道]]の四道を講じる者を'''四道儒者'''と呼称し<ref name="国史大辞典" />、[[清原氏]]、[[中原氏]]などの博士が儒者のこの頃の儒者の代表例である<ref name="ニッポニカ">{{harv|黒住|1986}}</ref>。ただしこの頃は経典は漢籍の一環として博士・仏僧・神職などの各職域・身分において学ばれており、「儒者」という職業や身分は存在しなかった<ref name="国史大辞典" /><ref name="ニッポニカ" />。儒者の職・社会的身分が成立するのは近世以降のことである。