メインメニューを開く

差分

→‎その他: 「戦時宰相論」の削除について。
== その他 ==
[[File:Asahi Shimbun newspaper clipping (27 September 1950 issue).jpg|thumb|200px|「伊藤律との会見」を報じた朝日新聞(1950年9月27日付。縮刷版ではこの記事が抹消されており、本文に記載のお断り記事に差し替えられている)]]
原則として誤植・[[誤報]]・表現上の問題などがあった場合でも紙面の編集・加工などはせず原版をそのまま掲載しており、また訂正記事もそのまま載せている。但しが、例外として[[1950年]][[9月27日]]朝日新聞朝刊の「[[伊藤律会見報道事件]]」といわれる捏造報道問題の箇所は、同年[[10月]]に発売された縮刷版で'''「お断り ここに掲載された[[伊藤律]]氏の会見記は事実無根と判明しましたので全文削除しました」'''として、当該記事の掲載を削除していも存在す<ref>[[佐野眞]]『自分だけのデータ・ファイル』p111-112</ref>
 
[[1943年]][[1月1日]]付『朝日新聞』に掲載された[[中野正剛]]の「戦時宰相論」は、[[東條英機]]首相を批判した内容として掲載後に記事差し止めとなったため、縮刷版には収録されていない。当時の取り締まりでは、どの記事が差し止めになったかということ自体も報道できなかったため、縮刷版では埋め草として、実際の1月1日付紙面には掲載されなかった記事が掲載されている<ref>{{Cite | 和書 | author = 熊倉正弥 | title = 言論統制下の記者 | publisher = [[朝日新聞社]] | series = [[朝日文庫]] | isbn = 4-02-260501-4 | date = 1988-04-20 | pages = 40-42 }}</ref>。
[[1989年]][[4月20日]]朝日新聞夕刊に掲載された写真記事「写89・『地球は何色?』」で、のちに「[[朝日新聞珊瑚記事捏造事件|記事ねつ造事件]]」という大問題にまで発展した「[[珊瑚|サンゴ]]を汚したK・Yってだれだ」の記事については上記の伊藤会見捏造事件と異なりそのまま掲載されているが、当該記事緒欄外に'''「おことわり 写89・『地球は何色?』の写真については本社の取材に過ちがありました。『お詫び』を5月16日付と同20日付の朝刊1面に掲載しています」'''との謝罪文が掲載されている。同様の例として[[三億円別件逮捕事件]]の関連記事について[[国立国会図書館]]においても「関係者の人権に留意して利用するよう」閲覧者に向けた注意書きが添付されている。
 
[[1950年]][[9月27日]]『朝日新聞』朝刊の「[[伊藤律会見報道事件]]」といわれる捏造報道問題の箇所は、同年[[10月]]に発売された縮刷版で'''「お断り ここに掲載された[[伊藤律]]氏の会見記は事実無根と判明しましたので全文削除しました」'''として、当該記事の掲載を削除している<ref>[[佐野眞]]『自分だけのデータ・ファイル』p111-112</ref>。
 
[[1989年]][[4月20日]]朝日新聞夕刊に掲載された写真記事「写89・『地球は何色?』」で、のちに「[[朝日新聞珊瑚記事捏造事件|記事ねつ造事件]]」という大問題にまで発展した「[[珊瑚|サンゴ]]を汚したK・Yってだれだ」の記事については上記の伊藤会見捏造事件と異なりそのまま掲載されているが、当該記事緒欄外に'''「おことわり 写89・『地球は何色?』の写真については本社の取材に過ちがありました。『お詫び』を5月16日付と同20日付の朝刊1面に掲載しています」'''との謝罪文が掲載されている。同様の例として[[三億円別件逮捕事件]]の関連記事について[[国立国会図書館]]においても「関係者の人権に留意して利用するよう」閲覧者に向けた注意書きが添付されている。
 
== 縮刷版を発行している新聞(日本) ==
14,312

回編集