「RPG伝説ヘポイ」の版間の差分

; ヘポイ・ド・プー
: [[声優|声]] - [[増田裕生]]
: パル爺ちゃんに作られた、生きているぬいぐるみの少年。主材料は前へポリスの勇者のマント。へポリスの勇者の剣に選ばれ、伝説のヘポリスの勇者の再来として戦いに挑む。中盤では力不足のためにドラクネスに敗れ3年間眠りにつかされてしまったことも。実は初代へポリスの勇者・勇者へポリス(声 - [[森川智之]])から分化した心がパル爺ちゃんの力によって命を得た材料に宿っており、ある意味においてドラクネスとは同様の存在だった。冒険の中で勇者としての心構えと鎧玉や最強の剣・「王者の剣(おうじゃのけん)」などの装備、拳にへポリスを宿してパンチを繰り出す「勇者の拳(ゆうしゃのけん)」や各種へポリスを用いた技を身に付け、次第に真の勇者へと成長していく。決め台詞は「いじめっ子は許さない!!」。最終回のエピローグでは魔王軍打倒から一年後、リュートやミーヤ、自分たちを追って来たブンザエモンと共に再び旅を続ける姿が見られた
: 漫画版ではマジカルダイムなしでも魔法が使えるが、その腕前はまだ未熟である。
; リュート
: 声 - [[草尾毅]](タイトルコールも兼任)
: ドラゴニアを統べる竜人族の王子だったが、幼少期に魔王軍の侵攻によって両親を失い、忠臣たちによって密かに育てられていた。その後、次期へポリスの勇者となるべくヘポリスの勇者の剣を引き抜こうとしてヘポイらの前に現れた。が、剣には認められず以降はヘポイたちの仲間として旅に加わる。武器として短剣にも変形するヘポリスの力を宿した[[ブーメラン]]・「スラッシャー」を操る。尊大かつ口が悪いが、思いやりに溢れる優しい人物。
: ミーヤとは凸凹コンビだったが、ヘポイ不在の中盤のifの未来では彼女と別れ、同族らと共にドラクネスと戦っている姿を見られる等、物語の中ではそれ以上の関係には発展しなかった。ドラクネスにスラッシャーとヘポイから借りた鎧玉を破壊されて敗れた後に捕らえられ、命からがら脱走するも荒廃した世界で生きる内殺人も辞さない非情さを身に付ける。しかし、ヘポイとの再会の末にかつての自身を取り戻した。元の時代に戻ってきたヘポイと共にヘポリスの力の修行に付き合い、へポリスの力の能力者となる。劇中では、勇者へポリスの血が流れているという説明がある。その際、「破邪の剣(はじゃのけん)」の使い手になる。最後の戦いにおいては、キングキャッスルと格闘中のダークキャッスルの内部に単身侵入し、ある真実を知ることになる。エピローグではドラゴニア国王となるも、ヘポイやミーヤと旅立つ道を選ぶ。その際ブンザエモンを煙たがり、彼を置いていく旨をヘポイたちに語っていた。同族の彼女もちゃっかり作っていたりする。
: 漫画版ではサーベルが武器で、必殺技は相手を横薙ぎに一刀両断する「飛龍稲妻斬り(スタードラゴンサンダーブレード)」。
; ミーヤ・ミーヤ
; ジャークン/ジャー君
: 声 - [[塩屋浩三]]
: 序盤に登場した魔王軍の幹部で、ドラゴニアを司る。マジカルダイム・「ロックーン」でパル爺ちゃんを石化させ、ゴーストキャッスルや部下を使いヘポイを苦しめる。その正体は「ジャー君」のあだ名で呼ばれている[[炊飯器]]売りで、ドラクネスの被せた兜の力により操られていた。中盤にてダークヘポリスを大量に注ぎ込まれて強化されるもヘポイに兜を破壊されて敗れ、元のジャー君に戻る。ちなみにジャーとは炊飯器のこと。
; ガンガンジー
: 声 - [[森川智之]]
: ジャークンの次にヘポイと対峙する幹部で、ガイストンを司る。語尾に「〜ガン」と付ける。肉弾戦を挑む場面が多く、持ち前の力に任せた戦いをする。武器の棍棒はプロペラのように振り回して空を飛ぶことも可能で、先端にはバトルキャッスルの魂を封じ込めた「封印魔石(ふういんませき)」が隠されている。プラントキャッスルを使う。バトルキャッスルの持つ「勇者のリング」と魔石を奪っていたが、ヘポイとブンザエモンにより奪還される。鎧玉争奪戦の途中でバラバラになり、ヘポイに助けてもらうこともあった。その際に寝言でヘポイに感謝しており、へポイは彼が根っからの悪ではないことに気付く。ヘポイに組み立てられた際に余っていたダークヘポリスの源となる部分を角のように額に取り付けられて凶暴化・パワーアップし、角から熱光線を発射可能となる。ヘポイに角を切り落とされて敗れ、道祖神に戻る。
; ノーデンキング/ノーテン・キンギョ
: 声 - [[茶風林]]
: 中盤で登場する頭脳派の幹部で、頭部にキャノピーで覆われた脳髄を露出させた老人の姿をしている。語尾に「〜ビット」を付ける。持ち前の悪知恵と技術力を働かせ、様々な相手をヘポイへけしかける。[[モグラ]]型メカに搭乗して移動を行い、小型コンピューターを搭載したビームガンを武器とする。自身の司るスケアボスにてコスモキャッスルでヘポイ一行と戦うも、ヘポイとマハラキャッスルに一度敗れ、ビームガンも破壊される。その後は、シスターケイトに協力するなどして暗躍。終盤まで敵として立ち回るも、彼が捕らえたキャッスルプリンセスと共に消し去ろうとするドラクネスの攻撃に被弾し(キャッスルプリンセスはキングキャッスルが救出したため無事だった)、頭に金魚鉢を乗せた金魚売りの少年・ノーテン・キンギョという金魚売りの少年に戻る。この姿では語尾に「~キンギョ」と付けることも。
; ブリキング3世
: 声 - [[菅原淳一]]
: 名前が長いため、ヘポイからは「ミカリン」の愛称で呼ばれるが本人は快く思っていない。未来から戻ったヘポイと共にケポナス老師の下でヘポリスマスターになるべく修行をするも、長い修行期間に関わらず進展しない身の上とヘポイの成長による焦りから、「堕天使の剣(だてんしのけん)」を奪って逃走。「ダークヘポリスマスター」を名乗る。破邪の剣を持つリュートとは度重なり激突する。
: その後はマッカサンを利用・謀殺してドラクネスの配下となり、シスターケイトを利用して取り入ろうとする。都度、ドラクネスに成功報酬としてシスターケイトを花嫁に要求するものの、叶わなかった。最終的には命を削る代わりに強大な力を得られる「魔王液(まおうえき)」を使って大幅なパワーアップを果たすも、ヘポイとリュートに敗れ、海に散る。
: シスターケイトからは失敗の度に罵倒されるものの、好かれていた。ダークヘポリスの力を失いつつも生きており、シスターケイトと結ばれる。その後はドラクネスの弱点がダークキャッスル内にあることをヘポイたちに告げ、ヘポイたちたちとドラクネスの共倒れを図るも、ケイトに叱責されるなど尻に敷かれていた。最終回では性格が幾分穏やかになっており、ケイトの後を追う様子が描かれた。
 
=== その他の登場人物 ===
8,055

回編集