「石井優希」の版間の差分

2017/18シーズンMVP
(2017/18シーズンMVP)
 
Vプレミアリーグ2013/14シーズンにおいて、サーブ賞を獲得した<ref>{{cite web|url=http://www.vleague.or.jp/topics_detail14/id=12296|title=2013/14V・プレミアリーグ女子レギュラーラウンド最終結果のお知らせ|author=Vリーグ機構|accessdate=2014-03-22}}</ref>。2016/17シーズンにはチーム準優勝に大いに貢献し、Vプレミアリーグ敢闘賞を受賞した<ref>{{cite web|url=http://www.vleague.or.jp/news_topics/article/id=19664|title=2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧|author=|publisher=Vリーグ機構|accessdate=2017-03-24}}</ref>。
 
2017/18シーズンは攻守の要として、久光製薬の王座奪還の原動力となり、最高殊勲選手賞、ベスト6及びレシーブ賞を獲得した<ref>{{cite web|url=http://www.vleague.or.jp/news_topics/article/id=20579|title=2017/18 V・プレミアリーグ女子大会 最終結果|author=|publisher=Vリーグ機構|date=|accessdate=2018-03-25}}</ref>。
 
== エピソード ==
** 岡山県スポーツ特別顕彰<ref>{{cite web|url=http://www.sanyonews.jp/article/405182/1/|title=山口、宮下らに岡山県が特別顕彰 リオ五輪5位のバレー女子代表|author=山陽新聞デジタル|accessdate=2016-08-26}}</ref>
* 2017年 - 2016/17V・プレミアリーグ 敢闘賞
* 2018年 - 2017/18V・プレミアリーグ 最高殊勲選手賞、ベスト6、レシーブ賞
 
== 個人成績 ==
[[プレミアリーグ (バレーボール)|Vプレミアリーグ]]レギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り<ref>{{cite web|url=http://www.vleague.or.jp/dataroom/player/result/id=595|title=選手別成績|author=Vリーグ機構|accessdate=20172018-0103-3025}}</ref>。
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:smaller;"
!rowspan=2|シーズン!!rowspan=2|所属!!colspan=2|出場!!colspan=4|アタック!!colspan=2|ブロック!!colspan=4|サーブ!!colspan=2|レセプション!!rowspan=2|総得点!!rowspan=2|備考
|-
|[[バレーボール2016/17Vプレミアリーグ|2016/17]]||21||78||731||241||33.0%||%||17||0.22||323||10||%||11.7%||743||66.4%||268||
|-
|[[バレーボール2017/18Vプレミアリーグ|2017/18]]||21||70||759||278||36.6%||%||20||0.29||287||15||%||11.4%||525||60.7%||313||
|-<!--
|[[バレーボール2017/18Vプレミアリーグ|2017/18]]||||||||||%||%||||||||||%||%||||%||||
* {{Twitter|@kuu__yuk1}}
 
{{Vプレミアリーグ女子最高殊勲選手賞}}
{{Vプレミアリーグ女子敢闘賞}}
{{Vプレミアリーグ女子ベスト6}}
|list1=
{{2013年バレーボール・ワールドグランドチャンピオンズカップ全日本女子}}
2017/18{{2014年バレーボール世界選手権全日本女子}}
{{2015年バレーボールワールドカップ全日本女子}}
{{2016年オリンピックバレーボール世界最終予選全日本女子}}
51,553

回編集