「ガイウス・スルピキウス・パテルクルス」の版間の差分

m
編集の要約なし
(Box追加)
m
|氏族名=[[スルピキウス氏族]]
|官職=[[執政官]]<span style="font-size: smaller">(紀元前258年)</span>
|指揮戦争=[[スルシー沖の海戦]]
}}
 
カピトリヌスのファスティによれば、父も祖父も[[プラエノーメン]](第一名、個人名)はクィントゥスであった<ref>カピトリヌスのファスティ</ref>。
 
紀元前258年に、[[アウルス・アティリウス・カラティヌス]]と共に執政官に就任したが、[[第一次ポエニ戦争]]の最中であった。歴史家[[ポリュビオス]]([[紀元前204年]]? - [[紀元前125年]]?)によると、パテルクルスはカラティヌスと共にシケリア([[シチリア]])で[[カルタゴ]]軍と戦った<ref>[[ポリュビオス]]『[[歴史 (ポリュビオス)|歴史]]』、1, 24, 9.</ref>。しかしローマの伝統的な年代記では、パテルクスは[[サルディニア]]に派遣され、多くのカルタゴ拠点を攻略し、さらにはカルタゴ本国があるアフリカへの侵攻も計画したが、これは逆風のために実現しなかったとされている。パテルクルスはまた[[ローマ海軍]]を率いて[[スルシー沖の海戦]]で[[ハンニバル・ギスコ]]に勝利、ローマに帰還した後に[[凱旋式]]を実施している<ref>ヨハネス・ゾナラス、 8, 12, 4f.; Inscr. 13, 1, 77</ref>。
 
==参考資料==