「モンゴル高原」の版間の差分

編集の要約なし
 
|}
{{モンゴルの歴史}}
'''モンゴル高原'''(モンゴルこうげん)は、'''モンゴリア''' (Mongolia) とも言い、[[東アジア]]の北に位置する内陸の[[高原]]地帯で、[[モンゴル|モンゴル民族]]や[[テュルク]]系民族の居住地。[[モンゴル国]]と[[ロシア]]極東の南部と[[中華人民共和国|中国]]の[[内モンゴル自治区]]をあわせた領域にほぼ一致する。[[漢語]]では'''蒙古'''(もうこ)あるいは'''蒙古高原'''(もうここうげん)と言う。
 
標高およそ1000m前後の草原からなり、中央部は乾燥地帯([[ゴビ砂漠]])である。ゴビ砂漠を境目として、北部はモンゴル国にあり、[[外蒙古]]または漠北とも呼ばれ、南部は南モンゴル([[内蒙古]])あるいは漠南と呼ばれ、歴史的・政治的に2地域に分かれている。北部は[[サヤン山脈]]を境界として[[シベリア]]に接する。降水量は少なく、寒暖差の激しい、厳しい気候である。
匿名利用者