「玉龍」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|西遊記の登場人物|大相撲力士|玉龍 (四股名)|雲南省麗江市の自治県|玉竜ナシ族自治県}}
{{出典の明記|date=2018-03-31}}
[[Image:Xyj-tang seng.jpg|250px|thumb|right|西遊原旨の挿絵より。三蔵法師の背後の馬が玉龍]]
'''玉龍'''(ぎょくりゅう、玉竜、{{繁体字|玉龍}}、{{簡体字|玉龙}}、{{ピン音|Yù lóng}})は西海竜王・敖閨の第三太子。小説『[[西遊記]]』の登場人物の1人。龍神の子であるが、劇中では三蔵法師が乗る'''馬'''の姿で登場する。
 
== 概要 ==
 
=== 日本のテレビドラマ ===
[[西遊記シリーズ]](『[[西遊記シリーズ#西遊記II|II]]』)ではふとした衝撃を受けると驚いて人間に変化するという設定が立てられ、[[藤村俊二]]が演じた(『I』では別人の声優が出演)。この設定はしばしば踏襲され、『[[新・西遊記]]』では[[柳沢慎吾]]が演じた。白馬なので変化すると白装束になる。なお、[[西遊記 (2006年のテレビドラマ)|2006年の西遊記]]には登場しなかった。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{-}}
{{西遊記}}
{{デフォルトソート:きよくりゆう}}
匿名利用者