「アンリ・ギザン」の版間の差分

1940年[[7月25日]]、ギザンは主だった軍の幹部・将校を建国伝説ゆかりの地である[[リュトリ]]に集めて演説を行い、スイスの自由と独立を守ってきた先人の精神を引き継いで、あくまでも国を守ってゆくことを誓った('''リュトリ演説''')。ギザンの演説はスイス国民に広く伝わり、以後ドイツ側への参加を公然と唱える者は少なくなった。
 
ところが、戦争の長期化とともに経済的理由から、「ドイツ側への配慮」に動く行政側(それは[[ユダヤ人]]の入国拒否問題やナチスが不当に得た資産の[[マネーロンダリング]]容認といった事実として後に発覚する)と、あくまでも両陣営いずれに対しても加担すべきではないと考えてドイツ側の工作員として働いたスイス人に対し死刑を含めた厳しい処置で臨むギザンとの間に、不協和音となって現れた。
[[Image:Picswiss_VD-48-39.jpg|right|thumb|150px|アヴァンシェ{{enlink|Avenches}}にある胸像]]
だが、ギザンの徹底的な防衛戦略と国民からの支持を背景に、彼の“武装中立”路線の根本は揺らぐことはなかった。また、ドイツ側も同盟国イタリアとの連絡ルート確保のためにたびたびスイス占領計画を立案したものの、ギザンの戦略を打ち破るだけの戦略を見出すことは出来ず、実際の発動までには至らなかった。
匿名利用者