「Template:Possibly empty category/doc」の版間の差分

+TemplateData、引数説明
(修正)
(+TemplateData、引数説明)
時おり内容が空になることが普通であるカテゴリページの上部に貼り付けます。
 
メンテナンス用のカテゴリ、追跡用のカテゴリ、修正が必要なページをまとめたカテゴリでは内容が空になることがしばしば起こります。これらのカテゴリは使われていないと判断されて削除されてしまうことを防ぐテンプレートです。カテゴリ以外のページで使用すると、[[:Category:誤った名前空間にテンプレートのあるページ]]に追加されます。
 
== オプション引数 ==
* 名無し引数 {{code|<nowiki>|hide=true</nowiki>}} をは既定の説明文の後ろにすると、テンプレートを非表示説明なります。
*引数 {{code|<nowiki>|hide=true</nowiki>}} を追加すると、テンプレートを非表示にします。
*引数 {{code|<nowiki>|nocat=true</nowiki>}} を追加すると、名前空間の検査を行いません。
 
<templatedata>
{
"params": {
"1": {
"label": "説明文",
"description": "既定の説明文に追記する場合に指定します。",
"type": "string"
},
"hide": {
"label": "テンプレート非表示",
"description": "trueを入力するとテンプレートが非表示になります。",
"type": "boolean"
},
"nocat": {
"label": "カテゴリ付け抑制",
"description": "false以外を指定した場合、[[:Category:誤った名前空間にテンプレートのあるページ]]に関する検査を行いません。",
"example": "false",
"type": "boolean",
"default": "false"
}
},
"description": "時おり内容が空になることが普通であるカテゴリページが誤って削除されてしまうことを防ぐテンプレート。"
}
</templatedata>
<includeonly>
{{DEFAULTSORT:{{PAGENAME}}}}