「デーン人」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
その数世紀後、[[ヴァイキング]]として西ヨーロッパ一帯に[[海賊]]活動を始めた。[[9世紀]]には[[七王国]]時代のイングランドに侵攻し猖獗をきわめた。
 
七王国の一つウェセックス王のアルフレッド([[アルフレッド大王]])は、デーン人の戦術を学習して[[城塞]]をつらねた防衛線を築き、ねばり強く抵抗した末、878年デーン人とのあいだに[[ウェドモーアの和議]]を結び、ブリテン島東岸の[[デーンロウ]]と称する地域を限定して定住地として認め、886年にはロンドンを奪還した。デーンロウのデーン人の[[キリスト教]]改宗にも力を注いだ<ref name="horigome_099">堀米(1979)pp.99-100</ref>。
 
[[10世紀]]に[[ハーラル1世 (デンマーク王)|ハーラル1世]]が[[キリスト教]]に改宗し、[[デンマーク王国]]としてデーン人を包括した統一国家の始まりとなる。([[デンマークの歴史#中世]])
匿名利用者