「不謹慎ゲーム」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: コメントアウト
 
== 概要 ==
こういった不謹慎ゲームは、インターネット上の媒体において、興味本位で話題に採り上げられる一方で、批判も受ける<!-- {{R|otpol1}} -->{{出典無効|date=2018年4月}}。不謹慎ゲームにおいては否定的な意見のほうが多い<!-- {{R|otpol2}} -->{{出典無効|date=2018年4月}}。ただし、死者が出た事件や災害を題材とせず、事件の中心となった特定個人の「社会的懲罰」の意味合いが感じられるもの、製作者本人が事件を風化させないためと公表しているような場合は、許容する意見も増える<!-- {{R|otpol2}} -->{{出典無効|date=2018年4月}}。
 
特に事故や事件と関係がなく、ゲームの開発中に類似したような事件が発生することもあり、商業商品の場合は発売を延期、中止することもある<!-- {{R|otpol2}} -->{{出典無効|date=2018年4月}}。例えば、[[アイレムソフトウェアエンジニアリング]]は『[[絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-|絶体絶命都市4 -Summer Memories-]]』を開発していたが、開発中に[[東日本大震災]]が発生したこともあり、発売中止を発表している<!-- {{R|otpol2}} -->{{出典無効|date=2018年4月}}。