メインメニューを開く

差分

アパートから出た暴漢の男はそのまま地下鉄に乗り、追跡するサムもそれに乗るが、そこで突然見知らぬ男のゴーストが「ここは俺の縄張りだ!」と襲ってきた。その男ゴーストは、地下鉄を自分の場所として占領し、物体に触れて動かすことが出来るサブウェイゴースト([[ヴィンセント・スキャヴェリ]])だったのだ。その場を逃れて再び暴漢の男を追跡したサムは、その男の住んでいるアパートを突き止める。そこの表札に書かれていた暴漢の男の名前はウィリー・ロペス([[リック・アビレス]])であった。アパートを出ると、近くに霊媒師の看板を見つけ、サムは中へ入った。何やらインチキ臭い霊媒師オダ=メイ・ブラウン([[ウーピー・ゴールドバーグ]])が客を相手にしていた。彼女がやっていることは明らかにインチキだったが、サムが茶々を入れているとオダ=メイは反応した。自分の声が彼女に聞こえていると知り驚くサム。彼女はその時初めて霊媒師として才能を開花させたのだ<ref>ちなみに、彼女の祖母と母には生来の霊媒能力があった。</ref>。
 
サムはオダ=メイを一晩中「[[ヘンリー8世 (イングランド王)|ヘンリー8世]]君」<ref>[[イギリス]]のグループ・[[ハーマンズ・ハーミッツ]]が[[1965年]]によりリリースしたシングルで全米1位を獲得した曲。歌詞中に「サム」が出てくる(”She wouldn't have a Willy or a Sam - no Sam !”)。みんなが嫌がるのはひどい[[コックニー]]訛りで歌うからである。</ref>を聞かせ続けるという半ば脅迫めいたやり方ではあるが説得し、モリーに会わせた。サムしか知らないことをオダ=メイから言われたモリーは半信半疑ながら彼女の話に耳を傾ける。そしてサムは自分を殺した犯人の名前がウィリー・ロペスだとオダ=メイから彼女に言い聞かせた。
 
モリーはそのことをカールに話し相談するが、カールはオダ=メイはペテン師だと決め付け信じなかった。しかし、真意を確かめたいモリーを見て、カールは自分が調べようと言ってウィリーの住むアパートへ向かう。
匿名利用者