「宮本から君へ」の版間の差分

編集の要約なし
新井英樹の連載デビュー作であり、講談社『[[モーニング (漫画雑誌)|モーニング]]』誌上に、[[1990年]]35号から[[1994年]]34号にかけて掲載された。単行本は講談社より全12巻(モーニングKC)。後に全6巻(KCデラックス)。2009年には太田出版より全4巻の豪華本を刊行。『定本』には2009年時点の主人公周辺のエピソード『はんぶんくらい』が新規書き下ろしで収録されている。また、講談社はモーニングKC版を[[オンデマンド]]配信している。
 
1992年度第38回[[小学館漫画賞]]青年一般部門受賞<ref>{{Cite web|url=https://mantan-web.jp/article/20180404dog00m200038000c.html|title=宮本から君へ:劇中に原作者が勤めた文具メーカー登場 意外な執筆理由も明らかに|publisher=まんたんWEB|date=2018-04-04|accessdate=2018-04-07}}</ref>。
1992年度第38回[[小学館漫画賞]]青年一般部門受賞。
 
[[2018年]][[4月]]には[[池松壮亮テレビ東京]]主演の実写系にてテレビドラマを予定<ref>{{cite web|url =https://www.oricon.co.jp/news/2106958/full/|title =池松壮亮主演、『宮本から君へ』連ドラ化 主題歌はエレカシ|publisher=ORICON NEWS|date=2018-03-06|accessdate=2018-03-06}}</ref>。
 
== 作品解説 ==
発表当時は[[バブル景気#バブル崩壊|バブル崩壊]]直前の[[トレンディドラマ]]全盛期で、短期集中連載の形を取っていた作品初期もトレンディドラマを意識したラブストーリーが中心であった。本連載が始まってからは作者自ら「暑苦しい」と評する絵柄と、極端な幸福と不幸の間を往き来する主人公・宮本の、仕事や恋などさまざまな物語が描かれている。
 
主人公が文具メーカーの営業マンであることや、後半に出てくる大学ラグビーの描写などは作者の実体験に基づく。主人公の職場として漫画に登場するマルキタの社屋は作者が実際に社員として働いていた[[セキセイ]]東京本社がモデルとなっている<ref name="buntobi">{{Cite web|url=http://www.buntobi.com/articles/entry/news/007471/|title=【ニュース】文具メーカーを舞台にした『宮本から君へ』がTVドラマ化|publisher=文具のとびら|date=2018-04-04|accessdate=2018-04-07}}</ref>。また、渋谷駅で見かけた美しい女性に一目惚れする冒頭のエピソードも、作者の実体験がモデルとなっている。
 
宮本が土下座をしながら彼と対立する登場人物を300メートル絶叫して追いすがる場面、宮本と結ばれるヒロイン・中野靖子とのセックス・シーンや生理中の靖子が宮本の性欲を[[フェラチオ]]で処理するシーン、靖子が大学ラグビーの花形選手・真淵拓馬にレイプされるシーン、その後宮本が何回も傷つき顔が醜く腫れ上がっていく描写などは、読者に衝撃を与えた。また、宮本が未熟なまま社会でがむしゃらに生きていこうとして失敗と挫折を繰り返すさまは、読者の間に「ああいう暑苦しい男は嫌いだ」という猛烈な宮本バッシングを巻き起こした。新井英樹の証言によれば『[[POPEYE]]』か『[[ホットドッグ・プレス]]』のいずれかの男性誌で嫌いな男性アンケートの第1位に宮本が選ばれたこともあったという。
: 本作品の主人公。作中では[[東京都]][[千代田区]][[飯田橋]]に所在する文具メーカー・マルキタの営業部員。24歳。最初は人生の方向性が定まらず、何をしても失敗していた。やがて、先輩の神保と営業をするようになってからは何事にもがむしゃらに立ち向かっていくようになる。人生が良い方向に行きかけてはすぐ挫折してしまうことを繰り返し、自らを「幸せ貧乏人」と称していた。中野靖子と結ばれ、靖子をレイプした真淵拓馬を叩きのめすことで「俺という男の凄さ」に気づき、一度は絶縁した靖子に向かって「俺の人生はバラ色で、このすごい俺がお前も生まれてくる子供も幸せにしてやる」と宣言する。その後、言葉通りに靖子との間に6男4女の子をもうけ、仕事も家庭生活も幸運続き。とどめに[[ロト6]]で1億円の大当たりを当てるが、5000万円を寄付した慈善団体が実は巨大詐欺グループであり、その被害に遭う。
: 冒頭では[[神奈川県]][[横浜市]][[大倉山 (横浜市)|大倉山]]の[[大倉山記念館]]付近にある実家から通勤している姿が描かれていたが、甲田美沙子への失恋を経て独立を決意し、[[東日本旅客鉄道|JR東日本]][[赤羽駅]]から徒歩15分の木造アパート「ひなぎくハウス」201号室に転居した。靖子との同棲生活や、最終回における靖子の自宅出産もこのアパートを舞台として描かれている。
: 名前は作者がファンであると公言している[[エレファントカシマシ]]のヴォーカル[[宮本浩次 (エレファントカシマシ)|宮本浩次]]からつけられている<ref name="elekashi">{{cite web|url =https://natalie.mu/eiga/news/272271|title =池松壮亮主演で新井英樹「宮本から君へ」ドラマ化、監督は真利子哲也|publisher=映画ナタリー|date=2018-03-06|accessdate=2018-03-06}}</ref>
; 中野靖子
: [[北海道]][[小樽市]]出身。作中では[[東京都]][[港区 (東京都)|港区]][[新橋 (東京都港区)|新橋]]に所在するコンピューター関連会社・コスモスシステム社員。26歳。説教癖があり、大の男がウジウジしているのを嫌う男勝りの性格だが、心がもろい一面も持っている。遊び人の風間裕二と同棲していたが、宮本の「この女は俺が守る」という宣言を聞いて感激し、宮本の胸に飛び込んでしまう。紆余曲折の末に宮本と結ばれ、最初の子供を自宅で出産。6男4女の母になり、後日談では更に一人の子供を身ごもっている場面が描かれている。初登場の場面では、宮本と結ばれることをいきなり明かさないために、わざと高齢の落ち着いた女性として、また顔もやや醜く描かれていた。田島は性格のきつい靖子を「つり目のいじわるねえさん」と評している。
}}
{{ドラマ}}
[[2018年]][[4月7日]] (6日深夜) より[[テレビ東京]]系の「[[ドラマ25]]」枠で毎週土曜0:52 - 1:23(金曜深夜)にて放送されている。監督は[[真利子哲也]]、主演は[[池松壮亮]]。
{{放送前の番組|date=2018年3月}}
[[2018年]][[4月7日]] (6日深夜) より[[テレビ東京]]系の「[[ドラマ25]]」枠で毎週土曜0:52 - 1:23(金曜深夜)に放送予定。監督は[[真利子哲也]]、主演を[[池松壮亮]]が務める。原作者・新井英樹がファンと公言し、主人公・宮本浩の名前の由来にもなっている[[宮本浩次 (エレファントカシマシ)|宮本浩次]]がボーカルを務める[[エレファントカシマシ]]が主題歌を担当することも発表されている<ref>{{cite web|url =https://natalie.mu/eiga/news/272271|title =池松壮亮主演で新井英樹「宮本から君へ」ドラマ化、監督は真利子哲也|publisher=映画ナタリー|date=2018-03-06|accessdate=2018-03-06}}</ref>。
 
原作者の[[新井英樹]]は「マンガ家になって何かを表現する以上、誰かに影響を与えたいと考えていた。映像化されたことで、何人かには中継ぎの役目ができたようでうれしい」とコメントしている<ref>{{Cite news|url=https://natalie.mu/comic/news/276647|title=新井英樹がテレ東新入社員へエール、ドラマ「宮本から君へ」特別試写会に登場|publisher=コミックナタリー|date=2018-04-04|accessdate=2018-04-07}}</ref>。また、原作者がファンと公言し、主人公の名前の由来にもなっている[[宮本浩次]]がボーカルの[[エレファントカシマシ]]が主題歌『Easy Go』を書き下ろし「自分たちのもっているものすべてをこの曲に注ぎ込みました」とコメントしている<ref name="elekashi" />。
新井はドラマ化にあたり『みんなが原作を好きでいてくれて嬉しい』<ref>{{cite web |author=[[入江喜和]] |url =https://ameblo.jp/irie-kiwa/entry-12358183251.html |work=キワ者便り |title =『宮本』 |publisher=ameblo|date=2018-03-07|accessdate=2018-03-10}}</ref>ともコメントを残している。
 
主人公が勤める文具メーカー・マルキタは、原作でモデルとなっている[[セキセイ]]東京本社が撮影に協力している<ref name="buntobi" />。
 
=== キャスト===
=== 主要人物 ===
* 宮本浩 - [[池松壮亮]]
* 田島薫 - [[柄本時生]]
* 中野靖子 - [[蒼井優]]
* 神保和夫 - [[松山ケンイチ]]
 
=== ゲスト ===
; 1話
* 茂垣裕奈 - [[三浦透子]]
* 石原 - 川面千晶
 
; 第5話
* 宮本武夫 - [[新井英樹]]
 
=== スタッフ ===
* 主題歌 - [[エレファントカシマシ]]『Easy Go』
* エンディングテーマ - [[MOROHA]]『革命』
* オープニング・エンディング撮影演出 - [[佐内正史]]
* 撮影 - [[芦澤明子]]、浜田憲司
* 照明 - 永田英則
* 音楽 - [[池永正二]]([[あらかじめ決められた恋人たちへ]])
* 美術装飾 - [[山田智也]]
* 録音 - 蟻川真矢
* 助監督 - 佐野隆英
* 衣装 - 川本誠子
* スタイリスト - [[伊賀大介]]
* ヘアメイク - 酒井夢月
* チーフプロデューサー - 大和健太郎(テレビ東京)
* プロデューサー - 藤野慎也(テレビ東京)、清水啓太郎(松竹撮影所)、加藤賢治(松竹撮影所)
* 制作担当 - 村山亜希子
* 製作会社 - テレビ東京 、[[松竹撮影所]]
 
6,148

回編集