「下着モデル」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[Image:Freckles (20416067382).jpg|thumb|200px|雑誌広告の下着モデル]]
[[Image:Emilys_Pin-up_Shoot.jpg|thumb|200px|下着モデルのピンナップ写真]]
なお下着モデルは一般的な[[ファッションモデル]]や[[水着モデル]]に求められる体型とは異なって、上品で清潔感のある容姿が重視されている。そのため一般的には「スタイルがよい」とされている体型である女性モデルを起用しても、実際の写真では女性モデルが下品に見えてしまったり、下着の形が悪く見えてしまったりする場合も少なくないため、下着モデルに要求される体型条件は非常に厳しい。このことから一般的な[[ファッションモデル]]や水着モデルの体型では下着モデルにはあまり向かないことが多い。ちなみに[[バスト]]がちょうどBカップぐらいで腰には適度なくびれがあり、ヒップが小さめの長身で腕及び[[脚線美|脚がほっそりと長く]]、清潔感があって[[清楚]]で上品な容貌を持つ女性が最も見栄え良くて下着モデルには最も適任であるとされている<ref>[http://bany.bz/heeko72/ 下着モデルとランジェリー画像:下着モデルの実情]</ref>。
 
== 日本での下着モデル ==
=== カタログ・広告の下着モデル ===
日本の場合、女性向け下着の[[通信販売|通販]][[カタログ販売|カタログ]]・[[広告]]等での着用写真には日本人女性ではなく[[白人]]女性が起用されることの方が多い<ref>[http://wezz-y.com/archives/44021/3 日本のファッション雑誌のモデルに今も白人や白人とのハーフが多い]</ref><ref>[http://odishon.pc-boki.com/2009/11/post_20.html オーディションに受かるために]</ref>。
まずカタログの下着モデルは、ブランドのイメージの重視と、より商品を美しく掲載するためにバランスの整ったプロポーションが大切重要である<ref>[http://www.wacoal.jp/Salute/about/ カタログについて:外国人モデルの起用]</ref>。そのため、例えば日本の代表的な下着メーカーの一つである[[ワコール]]の広告においては白人モデルの起用が多くて、他の下着メーカーやブランドにおいても白人モデルの需要が高い<ref>[http://malaysiacommercemarketing.blogspot.jp/2013/10/la-senza.html ラセンザは黒髪、茶髪のモデルは一切使わず、徹底してブロンドの白人モデルによるイメージ発信]</ref><ref>[http://cutie-bazaar.jp/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E7%89%B9%E9%9B%86/%E4%B8%8B%E7%9D%80%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/ 下着モデルは、外国人モデル(白人)の需要が多い]</ref>。
ちなみに白人モデルの下着撮影にはいわゆる[[在日外国人]]のモデルを日本国内で撮影する場合と、日本国外の[[モデルエージェンシー]]を通じて海外で撮影を行う場合との2種類のパターンがある。また下着モデルに起用される白人モデルの年齢は下着商品のターゲットとする年齢よりも若いことが多く、例えば20代から30代をメインターゲットにした多くの下着ブランドの場合は10代後半のモデル起用が多いとされている。
 
25,186

回編集