メインメニューを開く

差分

1938 FIFAワールドカップ

6 バイト追加, 8 か月前
開催国がフランスに決定したのは、[[ジュール・リメ]][[国際サッカー連盟|FIFA]]会長の功績を称えるためというのが一般的な説である<ref name="千田善39頁">[[#千田2006|千田2006]]、39頁</ref>。[[国際サッカー連盟|FIFA]]の2大会連続で[[ヨーロッパ]]で開催するという決定は、大会が2つの大陸の間で交互に行われると考えていた[[南アメリカ]]で大問題になり、[[サッカーウルグアイ代表|ウルグアイ]]と[[サッカーアルゼンチン代表|アルゼンチン]]が参加を辞退した<ref name="千田善39頁"></ref>。
 
'''開催国と前回優勝国が自動的に予選を免除された初めての大会であり'''、[[サッカーフランス代表|フランス]]と[[サッカーイタリア代表|イタリア]]以外の14カ国が予選を突破した。[[サッカーオーストリア代表|オーストリア代表]]は予選を通過したが、大会の3か月前に国家が[[アンシュルス|ドイツに併合]]されたため、[[サッカースウェーデン代表|スウェーデン]]が代わりに準々決勝から参加した<ref>[[#千田2006|千田2006]]、40頁</ref>。優勝候補の一つでもあったオーストリア代表の主力は[[サッカードイツ代表|ドイツ代表]]に取り込まれたが、先発出場する11人の過半数がオーストリア人にならないように配慮された<ref>[[#千田2006|千田2006]]、42頁</ref>。1回戦の5つの試合が[[延長戦]]になり、さらに2試合が[[再試合]]となった。再試合の[[サッカースイス代表|スイス]]対[[サッカードイツ代表|ドイツ]]戦は4対2でスイスが勝ち抜き、もう1試合では[[サッカーキューバ代表|キューバ]]が[[サッカールーマニア代表|ルーマニア]]を下した。
 
スウェーデンは途中からの参加となったが、キューバを8対0で下し、実力を発揮した。[[サッカーフランス代表|フランス]]はイタリアに敗れ、スイスは[[サッカーハンガリー代表|ハンガリー]]に敗れた。[[サッカーチェコスロバキア代表|チェコスロバキア]]は[[サッカーブラジル代表|ブラジル]]を再試合まで持ち込んだが、再試合でブラジルに2対1で敗れている。
匿名利用者