メインメニューを開く

差分

|サイン =George I of Greece signature.svg
}}
'''ゲオルギオス1世'''({{翻字併記|el|'''Γεώργιος Α΄ της Ελλάδας'''|Geórgios Aʹ, [[バシレウス|Vasiléfs]] tis Ellínon}}、[[1845年]][[12月24日]] - [[1913年]][[3月18日]])は、[[ギリシャ王国|ギリシャ]]の[[ギリシャ国王の一覧|国王]](在位:[[1863年]][[3月30日]] - [[1913年]][[3月18日]])。元々はデンマーク王子だったが、[[1863年]]に[[ギリシャ議会|議会]]で初代国王[[オソン1世]]の廃位と、自身の即位が可決されると、[[グレートブリテンおよびアイルランド連合王国|イギリス]]や[[フランス第二帝政|フランス]]、[[ロシア帝国|ロシア]]など[[列強]]諸国の支援もあって、17歳の若さで王位に就いた。これに伴い、デンマークの国教である[[ルーテル教会]]から[[ギリシャ正教会]]に改宗した。
 
王位に就いた当時は、ギリシャは後進国の位置に甘んじており、このような同国の問題点の解決に努めた。ゲオルギオス1世は[[一院制]][[議会]]を施行し、ギリシャが[[立憲君主制]]国家であることを宣布し、経済面に力点を置いた近代化を志向した。中でも特に力を注いだ農村環境の改善は、[[1920年]]に実現することとなった。一方で、[[1864年]]には[[イオニア諸島]]、[[1881年]]には[[テッサリア]]、[[1912年]]には[[マケドニア (ギリシャ)|マケドニア]]・[[イピロス]]・[[テッサロニキ]]、[[1913年]]には[[クレタ島]]を獲得した。