「UNIV国際大学生会議」の版間の差分

編集の要約なし
'''UNIV国際大学生会議'''([[英語]]:'''UNIV Forum'''または'''UNIV Congress''')とは、[[1968年]]に[[オプス・デイ]]創立者である聖[[ホセマリア・エスクリバー]](1902-1975年)の後押しによって始まった大学生の大規模交流イベントである。期間は毎2018の聖週間とほぼ同じであり、[[枝の主日]]の前日から[[復活祭|復活の主日]]現在までの9日間である(なおカトリック教会の[[復活祭]]参加者年によって日付が変わる移動祝日10万人以上であるが、[[春分]]の日の後の最初の[[満月]]の次の[[日曜日]]が基準であるため、3月22日から4月25日の間に当たる)
 
== 目的 ==
 世界の150校以上の大学から約3千人の学生が[[ローマ]]に集い、西洋文化・歴史・美術などに触れながら、現代社会における大学の役割や教育システムを考えて語り合うことがUNIVの目的である。また、UNIV は[[聖週間]]と呼ばれる[[キリスト教]]暦で最も重要な期間と重なるため、[[ローマ教皇]]との謁見やミサ、そして[[復活祭]](イースター)の諸行事に参加することができる。参加対象は男女高校生から青年社会人までであり、宗教や国籍は問わない
 
 UNIVという名には、「[[大学]](university)」という意味だけではなく、「[[普遍性]](universality)」という意味も込められている。広い心と普遍的な精神を身につけた人々にこそ、社会に貢献するという挑戦の機会を与えることを目指しているイベントである。日本語の正式名称は「'''UNIV国際大学生会議'''」。
 
== 発足 ==
 聖[[ホセマリア・エスクリバー|ホセマリア]]は、自らの信仰を深めると同時に、異文化から学べる普遍的(ギリシア語では「 καθολικός/katolikos/カトリック」は「普遍的」という意)な心を培うために、全てのキリスト者が「videre petrum」([[ラテン語|羅語]]:ペトロ[=[[教皇]]]に会うために)ローマで[[聖週間]]を過ごすことを多くの若者に勧めたのである。また、[[1960年代]]は、世界中の学生が社会変革を目的とし、現代社会に対する批判・懐疑を公に見せ始め、学生の力が世界的な高揚を見せた時期である。しかし、社会問題を解決するためには、暴力より、相互理解やダイアログが本物の発展や平和への第一歩であるため、UNIVは多数の国・文化から集う学生たちの意見交換の場として始まったのである。
 
 また[[1960年代]]は、世界中の学生が社会変革を目的とし、現代社会に対する批判・懐疑を公に見せ始め、学生の力が世界的な高揚を見せた時期である。しかし、社会問題を解決するためには、暴力より、相互理解やダイアログが本物の発展や平和への第一歩であるため、UNIVは多数の国・文化から集う学生たちの意見交換の場として始まったのである<ref>{{Cite web|url=http://univforum.org/en/history|title=History {{!}} Univforum|accessdate=2018-04-07|website=univforum.org|language=en}}</ref>。
 
== 開催日程 ==
 開催期間は毎年の[[聖週間]]と重なり、[[枝の主日]]の前日(土曜日)から[[復活祭|復活の主日]](日曜日)までの9日間である。なお、カトリック教会の[[復活祭]]は年によって日付が変わる移動祝日であるが、「[[春分]]の日の後の最初の[[満月]]の次の[[日曜日]]」が基準であるため、復活祭(UNIVの最終日)は3月22日から4月25日の間に当たる。
 
== 開催地 ==
* (男子学生向け)[http://univforum.org/en UNIV Forum]
* (女子学生向け)[http://www.univcongress.info/en UNIV Congress]
* (女子学生向け)[http://www.incontroromano.it Incontro Romano]
 
== 脚注 ==
121

回編集