「段組」の版間の差分

{{See|組版}}
({{See|組版}})
タグ: 2017年版ソースエディター
 
出版物では書籍、雑誌、新聞などで広く用いられる手法である。[[Microsoft Word]]、[[一太郎]]など多くの[[ワープロソフト]]でも段組機能が搭載されている。
{{See|組版}}
 
== Webデザインにおける段組 ==
文章が横書きの場合には縦の列に、縦書きの場合は横の列に分けることとなるが、2012年現在では横書きの文章を縦の列に分割するケースに限定して取り上げられることがほとんどである。これは縦書き表示を行うために用いられるCSS3の草案にあるwriting-modeプロパティを先行実装しているWebブラウザが[[Internet Explorer]]5.5以降のみであり、縦書き表示で段組を行うサイトを製作することは事実上同ブラウザに特化したサイトとなることによる。
 
テーブルによる場合、[[HyperText Markup Language|HTML]]のtable要素などを用いる。[[Netscape Navigator (ネットスケープコミュニケーションズ)|Netscape Navigator]]4.x以前やInternet Explorer5.x以前をはじめとしたCSS対応が不十分な(もしくは未対応の)比較的初期の視覚系Webブラウザでもテーブルの表示には表示にほぼ対応しているため、かつては多く用いられた。一方でソースが複雑になることや、セルの分割方法によってはテキストブラウザや音声ブラウザでの閲覧の際にコンテンツの順序がおかしくなることもありユーザビリティが低くなるなどの問題がある。また本来の表組の用途から外れた使用方法でもあることから、[[World Wide Web Consortium|W3C]]は推奨していない<ref>{{Cite web
|url=http://www.w3.org/TR/WAI-WEBCONTENT/
|title=Web Content Accessibility Guidelines 1.0