「市川團十郎」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎解説: 團十郎は十二人もいるのだから、名跡の解説に各團十郎の特出記事は必要。情報合成や自己言及ではない。團十郎の名跡を継ぐと非業の最期や不幸は〈團十郎の呪い〉の言葉が広く知られている。青山墓地の記述があるのだから、信仰の説明も不可欠。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: Refタグつき記述の除去
先代の十二代目團十郎が最初に襲名したのが[[市川新之助]]、その子で当代の海老蔵が最初に襲名したのも市川新之助だったため、市川宗家では新之助 → 海老蔵 → 團十郎と襲名するのが通例だと誤解されがちだが、実際にかつて新之助を名乗った者がのちに團十郎を襲名したのは、この十二代目の他には七代目と八代目があるのみである(詳細は「[[市川海老蔵]]」の項を参照)。
 
なお團十郎の名跡はその圧倒的な存在感とは裏腹に、代々のうち半数が何らかの形で非業の最期を遂げていることでも知られている。すなわち、初代は舞台上で共演の役者によって刺殺され(満44歳)、三代目は公演先の大坂で病を得て江戸には戻ったものの2か月後に死去(満21歳)、六代目は風邪をこじらせて急死(満21歳)、八代目は公演先の大坂で謎の自殺を遂げ(満31歳)、十一代目は團十郎襲名後わずか3年半で病死(満56歳)、十二代目は白血病を患い、9年間におよぶ闘病の末死去した(満66歳)。代々の墓は[[青山霊園]]にある
 
團十郎の[[名跡]]を継いだ全員が[[不幸]]にもなっている。 子宝、跡取りにも恵まれず、三代目から血のつながらない養子になった。十二代のうち、半数の6人が養子である<ref>[[成田屋#解説]]</ref>。
 
[[市川團十郎 (2代目)|二代目]]は[[江島生島事件]]に巻き込まれた。子供ができなかった<ref>[[市川團十郎 (2代目)#来歴]]</ref>。
 
[[市川團十郎 (4代目)|四代目]]〈養子〉は[[男色]]家<ref>[[市川團十郎 (4代目)#来歴]]</ref>。二代目と容姿も性格も似ていなかった。荒事では失敗ばかりが続いた。陰気で適役がぴったりで「團十郎らしくない」と批判された<ref>中川右介『歌舞伎-家と血と藝』[[講談社]] 現代新書、2013年、35頁</ref>。
 
[[市川團十郎 (5代目)|五代目]]は長男が満7歳で死亡<ref>金沢泰隆『市川團十郎』(有)青蛙房、2013年新装版(1962年初版)、116頁</ref>。
 
[[市川團十郎 (7代目)|七代目]]〈養子〉は[[天保の改革]]で江戸追放<ref>[[市川團十郎 (7代目)#来歴]]</ref>。
 
[[市川團十郎 (9代目)|九代目]]は養子に出された先で、強盗の被害にあい養父は[[刺殺]]された<ref>[[市川團十郎 (9代目)#雌伏の時代]]</ref>。 五代目・市川新蔵を養子にし、十代目にすべく育成するが。新蔵は眼病で片目を失明し、37歳で急死<ref>[[市川團十郎 (9代目)#家族と後継者]]</ref>。
 
[[市川三升|贈十代目]]〈婿養子〉は生前に団十郎と名乗ったことはなく、死後に名を追贈された。28歳で銀行員から転職。口跡が特異で芸も堅く、大成はしなかった<ref>[[市川三升#来歴]]</ref>。
 
 
[[市川團十郎 (9代目)|九代目]]は[[教派神道]]の[[神習教]]に[[改宗]]し、神道教師の資格も取り、成田山と疎遠となった<ref>[[神習教#関連項目]]</ref>。成田屋市川宗家の[[宗教]]は神習教<ref>[[神習教#関連項目]]</ref><ref>[[成田屋#解説]]</ref>。
代々の墓は[[青山霊園]]にある。
 
== 市川團十郎代々 ==<!--すべての歌舞伎役者の名跡の記事で、一段目に名跡、二段目に続柄・生没年・師弟関係・実父など、三段目に襲名歴、と書式を統一しています。どうかご了承ください-->