「宮鍋幟」の版間の差分

一橋大学経済研究所助教授を経て、1967年度には[[外務省]][[在ロシア日本国大使館|在ソ連邦日本国大使館]]とソ連邦対外文化連絡国家委員会の合意に基づき、[[松井啓]]及び[[茂田宏]]らと[[モスクワ大学]]派遣研究員を務めた<ref>[http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bluebook/1968/s43-7-3.htm 「国際文化交流の現状 」]外務省</ref>。1973年から一橋大学経済研究所教授を務め、[[久保庭眞彰]]とともに米欧ソ経済部門でソ連経済を担当<ref name="kang"/>。1984年から[[藤野正三郎]]の後任として一橋大学経済研究所長を務めた<ref>[http://www.ier.hit-u.ac.jp/Japanese/introduction/tables2.html 「歴代所長」]一橋大学経済研究所</ref>。1990年定年退職、一橋大学名誉教授<ref>[http://www.hit-u.ac.jp/guide/organization/pdf/11_71.pdf 「名誉教授」]名誉教授</ref>。のち[[東京国際大学]]教授<ref name="hikaku">[http://www.jaces.info/site_news_files/2014-12NO49.pdf 「ニューズレターNO.49 」]比較経済体制学会</ref>。
 
専門は[[ソ連経済]]論<ref name="kang"/>、[[社会主義経済]]論<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H1Q_R20C14A8CZ8000/ 「宮鍋幟氏が死去 一橋大名誉教授」]日本経済新聞2014/8/21付</ref>で、ソ連農産物価格やソ連の経済改革を研究テーマとした。比較経済体制学会[[代表幹事]]<ref name="hikaku"/>や第14期[[日本学術会議]]会員<ref>[http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf22/siryo199-4.pdf 「諸  報  告」]日本学術会議</ref>を歴任。指導学生に[[西村可明]](一橋大学名誉教授)<ref>[https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/6585/1/kenkyu0002702650.pdf 「昭和48年度 学位授与・単位修得論文」]一橋研究</ref>、[[田畑伸一郎]]([[北海道大学]]教授)<ref>[https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/6235/1/kenkyu0080201740.pdf 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」]一橋大学</ref>、[[田畑理一]]([[大阪市立大学]]名誉教授)<ref>[https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/6280/1/kenkyu0070201450.pdf 「昭和56年 学位授与・単位修得論文一覧」]</ref>など。
 
== 著作 ==
匿名利用者