「ウェストランド・タイ・ポウティニ国立公園」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (km&sup2; → km<sup>2</sup> ,Replaced HTML named entities to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
m編集の要約なし
== 歴史 ==
現在のウェストランド・タイ・ポウティニ国立公園に最初に居住したのは、[[マオリ族]]の人々である。彼らは、[[ヒスイ]]を探しているうちに、定住した<ref name="Features">{{cite web
|url=http://www.doc.govt.nz/parks-and-recreation/national-parks/westland-tai-poutini/features/|title=Features |accessdate=2013-09-22|publisher=Department of ConsercvationConservation}}</ref>。
 
ヨーロッパ人がこの地に退去して住むようになったのは、国立公園内で[[金]]が発見された1864年から、1865年のことであり、ピークで、鉱夫は16,000人に達した<ref name="Features" />。しかし、この地域に訪れたゴールド・ラッシュは、1年半も経つと雲散霧消し、ゴーストタウンのみが残された<ref name="Features" />。
== アクティビティ ==
ウェストランド・タイ・ポウティニ国立公園では、さまざまなアクティビティが行われている。[[トラッキング]]、[[登山]]、[[スキー]]、[[マウンテンバイク]]、[[カヤック]]が行われているが、この国立公園の最大の観光スポットは、2つの氷河である。2つの氷河の上を歩く氷河ウォークとは、フォックス氷河ヴァレーウォーク<ref name="Fox">{{cite web
|url=http://www.doc.govt.nz/parks-and-recreation/tracks-and-walks/west-coast/glaciers/fox-glacier-te-moeka-o-tuawe-valley-walk/|title=Fox Glacier Te Moeka o Tuawe Valley Walk |accessdate=2013-09-22|publisher=Department of ConsercvationConservation}}</ref>とジョセフ氷河ウォークである<ref name="Joseph">{{cite web
|url=http://www.doc.govt.nz/parks-and-recreation/tracks-and-walks/west-coast/glaciers/franz-josef-glacier-ka-roimata-o-hine-hukarere-walk/|title=Franz Josef Glacier/Kā Roimata o Hine Hukatere Walk |accessdate=2013-09-22|publisher=Department of ConsercvationConservation}}</ref>。
 
== 脚注 ==
202

回編集