「イシドロ・ソルサノ」の版間の差分

編集の要約なし
イシドロ・ソルサノは1902年9月13日、[[アルゼンチン]]の首都[[ブエノスアイレス]]に生まれた。スペインの[[ログローニョ]]で高校を卒業した後、[[マドリード・コンプルテンセ大学|マドリード大学]]工学部を1927年に卒業した。その後、[[マラガ]]において、アンダルシア鉄道の作業所で管理職にたずさわるかたわら、同地の工業専門学校で教鞭をとった。
 
1930年、[[マドリード]]を訪れた際に、[[ログローニョ]]時代の親友[[ホセマリア・エスクリバー]]神父(のちに[[聖人]]となった)に出会い、生まれて間もない[[オプス・デイ]]のことを知った。社会の中で専門職に従事しつつ、神に自己を捧げたいと考えていたイシドロは、すぐに[[オプス・デイ]]への所属を申請した。その後、しばらくは[[マラガ]]で働いたが、[[マドリード]]に転居してからも鉄道会社で働き続けた。彼の仕事振りには、[[キリスト教]]の信仰が表れていた。イシドロは専門職においては模範的に働いた。さらに、社会の中で困窮している人々のを前に、信仰心と愛徳に駆られて、見捨てられたような人々にカテケージス([[カテキズム|カトリック要理]]教育)を展開するなど、様々な活動に参加した<ref>{{Cite news|title=Biography of Isidoro Zorzano|url=http://opusdei.org/en-za/article/biography-of-isidoro-zorzano/|accessdate=2018-04-08|language=en}}</ref>。
 
[[オプス・デイ]]の精神に忠実であったイシドロは、[[オプス・デイ]]創立者の[[ホセマリア・エスクリバー]]にとって、たしかな支えだったのである。[[スペイン内戦]]の期間(1936年-1939年)には[[マドリード]]に留まり、[[カトリック教会]]や人々のために英雄的に奉仕した。[[ホセマリア・エスクリバー]]の教えに従って、仕事においては[[イエス・キリスト]]と親密に一致していくよう努力し、神の現存を保ちつつ働き続けた。1943年7月15日に40歳で死去した<ref>{{Cite news|title=生涯|url=http://opusdei.org/ja-jp/article/sheng-ya-8/|accessdate=2018-04-08|language=ja}}</ref>。
 
== 列聖調査 ==
イシドロの列聖に向けての調査は、1948年から1961年に渡って[[マドリード]]で進めらた。この間、71名の証人が証言し、その中には[[ホセマリア・エスクリバー]]も含まれていた。その後、[[パウロ6世 (ローマ教皇)|パウロ6世]]と[[ヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)|ヨハネ・パウロ2世]]により、列聖調査の手続きが改定された。その結果、1993年および1994年に追加の調査が行われた。そして、1994年、列聖省はこれらの調査の有効性を承認した。
 
2006年3月25日、列聖省に対し、イシドロの生涯および諸徳の実践に関する報告書が提出された。2015年11月17日、神学顧問による特別総会は、イシドロ・ソルサノの諸徳の英雄的実践を了承する旨を回答した。2016年12月21日、フランシスコ教皇は、列聖省長官アンジェロ・アマート枢機卿より、列聖調査に関する詳細な報告を受け、列聖省の決定を承認し、'''神のしもべ'''イシドロ・ソルサノが[[尊者|'''尊者''']]となった<ref>{{Cite web|url=http://www.romana.org/art/63_2.2_1|title=Opus Dei. Bollettino Romana.
- Decreto della Congregazione delle Cause dei Santi con il quale si riconoscono le virtù eroiche e la fama di santità del Servo di Dio Isidoro Zorzano Ledesma (21-XII-2016). (Dalla Santa Sede)|accessdate=2018-04-09|website=www.romana.org}}</ref>。近年、イシドロの取り次ぎによって病気を直してもらったという証言もある<ref>{{Cite web|url=http://opusdei.org/en-us/video/favor-isidoro-zorzano-cure-deafness-hearing/|title=Through Isidoro's intercession: "Deafness in my left ear was healed"|accessdate=2018-04-10|website=opusdei.org|language=en}}</ref>。
 
== イシドロの取り次ぎを願う祈り<ref>{{Cite news|title=イシドロの取り次ぎによるめぐみ|url=http://opusdei.org/ja-jp/article/ishidoronoqu-rici-giniyorumegumi/|accessdate=2018-04-09|language=ja}}</ref> ==
<blockquote>祈り:全能の神よ,御身は主のしもべイシドロがこの世で自らの職責を全うすることができるよう、豊かな恩寵の宝をお与えになりました。どうか私もまた、日常の仕事を聖化することを学び、キリストの光を友人や同僚にもたらすことができますように。御身のしもべイシドロに栄光を与え、その取次のよって私の願い<small>(ここでお願いする)</small>をお聞き入れ下さい。アーメン。</blockquote><blockquote>主の祈り アヴェ・マリアの祈り 栄唱</blockquote>
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
 
* Pero-Sanz, José Miguel (1996). ''Isidoro Zorzano: ingeniero industrial (Buenos Aires, 1902 - Madrid, 1943)''. Madrid: Palabra
* Orlandis Rovira, José (1993). ''Años de juventud en el Opus Dei''. Madrid: Rialp.
* Storti, Rosa María (1970). «Isidoro Zorzano: la vida y el trabajo de un ingeniero». En Martinell Gifre, Francisco. ''Cristianos corrientes. Textos sobre el Opus Dei''. Madrid: Rialp
* Cruz, Joan Carroll. ''Saintly Men of Modern Times''. Huntington, Ind. : Our Sunday Visitor, 2003 <nowiki>ISBN 978-1-93170-977-4</nowiki>
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
 
* [[オプス・デイ]]
* [[カトリック教会]]
* [[ホセマリア・エスクリバー|聖ホセマリア・エスクリバー]]
* [[スペイン内戦]]
 
== 外部リンク ==
 
* [http://opusdei.org/en-us/article/documentation-for-isidoro-zorzano/ イシドロ・ソルサノに関する資料(英語)]
* [http://opusdei.org/en-us/article/chronology-of-isidoro-zorzanos-cause-of-canonization/ イシドロ・ソルサノ列聖調査の道のり(英語)]
 
{{デフォルトソート:そるさの いしとろ}}
52

回編集