メインメニューを開く

差分

m
てにをは
立憲民政党を中心とする政党内閣だが、一方で[[貴族院 (日本)|貴族院]]の親民政党議員を多く入閣させたところに特色がある。
 
外務大臣には外務省から[[幣原喜重郎]]を起用し、その協調外交は[[幣原外交]]と呼ばれた。また財界から信任のある[[井上準之助]]蔵相を起用して[[金解禁]]、緊縮政策、産業合理化を断行した。また政友会の反対を排除して[[ロンドン海軍軍縮条約]]を結んだ。これらが右翼からの反感を買い、1930年(昭和5年)11月に濱口首相が東京駅構内にて[[右翼団体]][[愛国社 (1928年-)|愛国社]]党員の[[佐郷屋留雄]]に銃撃されて執務不能となると、慣例により閣僚の中で[[宮中席次]]が最も高かった幣原が[[内閣総理大臣臨時代理]]を務めた。しかし幣原は民政党員でない上に臨時代理が長期に及んだこと(結果的に最長不倒記録の116日)などから、その失言をきっかけとして野党[[立憲政友会|政友会]]からの激しい攻撃を受けることになり、加療入院中の濱口が杖を突きながら復帰することとなったが、病状の悪化により総辞職した。その4か月後に濱口は死去した。
 
濱口は、初の[[明治]]生れ、[[高知県]]([[土佐藩]])出身の総理大臣である。
12,294

回編集