「エンクロージャー」の版間の差分

編集の要約なし
 
: 密閉型はスピーカーユニットを密閉された箱に取り付け、スピーカーユニット背面から出る音を箱の中に閉じ込める形式である。箱の中には通常、吸音材が詰められる。箱の内容積が非常に大きく、箱の前面が非常に広い場合は理想的な平面バッフルに近いものになり、癖の少ない素直な音質が得られる。内容積が小さくなるにつれ箱の中の空気がバネとして効いて振動板の位置を元に戻そうとするため、低音限界が高くなる。内容積が過小になると共振の [[Q値|Q]] が上がり、共振周波数付近の音がボンボンと響くようになる。箱内の空気バネを積極的に利用して、箱の内容積の割に大きなスピーカーユニットを用いる密閉型をアコースティック・エアー・サスペンション型と呼ぶことがあるが、明確な線引きがあるわけではない。箱が密閉されているので中に熱がこもり放熱には不利。市販スピーカーによく用いられる形式である。
:{{-}}
; [[バスレフ型|バスレフ型(バスレフレックス型、位相反転型、ベンテッド型、ポーテッド型)]]
:[[ファイル:Bassreflex-Gehäuse (enclosure).png|thumb|100px]]
: バスレフ型は箱にダクトが付いた孔(ポート)を設け[[ヘルムホルツ共鳴器]]とし、スピーカーユニット背面で駆動する形式である。共鳴により低音域が増強されるが、共鳴周波数より低い周波数ではスピーカーユニット前面から出る音と打ち消し合ってしまう。小さな箱で豊かな低音が得られるが、箱の内容積や共鳴周波数をスピーカーユニットの特性に合わせて設計する必要があり、設計が悪いと癖の強い低音となる。また、ポートから共鳴周波数付近以外の音が漏れてきたり、風切り音が出ることもある。市販スピーカーに最もよく用いられる形式である。ダクトに制動材を詰め、密閉型との中間的にしたものをダンプドバスレフ型という。
: {{仮リンク|パッシブラジエーター型|en|Passive radiator (speaker)}}はバスレフ型のポートの代わりにパッシブラジエーターを用いる形式である。パッシブラジエーターとはサスペンションで支えられた振動板で、振動板がコーン(円錐)形をしている場合はドロンコーンとも呼ばれ、外観からはスピーカーユニットと区別が付かないものもある。動作原理はバスレフ型とほぼ同じ。バスレフ型のポートにはないサスペンションが付いているところが異なるが、通常非常に柔らかいサスペンションとしてバスレフ型と大きく変わらない動作となるようにする(振動板を支持する必要があるのでなくすわけにはいかない)。パッシブラジエーターの振動板を重くするのは簡単なので共鳴周波数を低くしやすいとか、パッシブラジエーターが不要な音漏れを防ぐとか風切り音が出ないなど、実用面での違いがある。パッシブラジエーターには通常、駆動するスピーカーユニットと同等以上の振動板面積が必要である。
:{{-}}
; [[ASW型]]|ASW 型(ケルトン型)]]
:[[ファイル:Bassreflex-Gehäuse (2x) (enclosure).png|thumb|100px]]
:[[ファイル:Bandpass-Gehäuse (enclosure).png|thumb|100px]]
: ASW 型はバスレフ型のスピーカーユニット前面に相当する部分を密閉箱もしくはヘルムホルツ共鳴器で塞いだ形式である。中高音は出なくなるので主に、通常[[サブウーファー]]もしくはそれ準じた使方をさる場合がほとんどである。
:{{-}}
; [[共鳴管方式]]
335

回編集