「ジェームズ・ハーデン」の版間の差分

編集の要約なし
12月31日の[[ニューヨーク・ニックス]]戦では53得点16リバウンド17アシストを記録し、リーグ初の '''1試合50得点15リバウンド15アシスト'''" の快記録を達成した<ref>[http://www.sportando.com/m/en/usa/nba/221880/james-harden-posts-historic-performance-vs-knicks-53-points-17-assists-and-16-rebounds.html James Harden posts historic performance vs. Knicks: 53 points, 17 assists and 16 rebounds]</ref><ref>[http://www.nba.co.jp/nba/nyk-hou-20161231/17jkzm6mqzn4i1h4uef6ufjsto ジェームズ・ハーデンがNBA史上初の快挙となる50得点、15アシスト、15リバウンド超えを達成 NBA JAPAN]</ref>。
 
==== 2017-201818シーズン ====
2017年7月8日、ロケッツと2022-23シーズンまでの4年1億6900万ドルの契約延長を結び、残っていた契約と合わせて総額はNBA史上最高額の6年2億2800万ドルとなった(従来の最高は[[ステフィン・カリー]]の2億100万ドルで、同年9月には[[ラッセル・ウェストブルック]]に更新された<ref>{{Cite web|url=http://www.afpbb.com/articles/-/3144967|title=MVPのウエストブルック、サンダーと5年総額230億円で契約延長|publisher=[[フランス通信社]]|date=2017-09-30|accessdate=2018-02-25}}</ref>)<ref>{{Cite web|url=http://www.afpbb.com/articles/-/3135067|title=ハーデンが史上最高額でロケッツと契約延長、総額260億円 米報道|publisher=[[フランス通信社]]|date=2017-07-09|accessdate=2018-02-25}}</ref>。
2017年11月5日の[[ユタ・ジャズ]]戦では、自己最多の56得点を記録した<ref>[http://www.nba.co.jp/nba/james-harden-career-best-56-points-propels-rockets-over-jazz/53x921cnann516ohnlllqhwnt ジェームズ・ハーデンが自己最多56得点、ロケッツがジャズに圧勝 NBA.com JAPAN]</ref>。
| style="text-align:left;"| {{nbay|2016}}
| style="text-align:left;"| HOU
| 81 || 81 ||36.4 || .440 || .347 || .847 || '''8.1''' ||style="background:#cfecec;"| '''11.2''' || 1.5 || .5 || '''29.1'''
|-
| style="text-align:left;"| {{nbay|2017}}
| style="text-align:left;"| HOU
| 72 || 72 ||35.4 || .449 || .367 || .858 || 5.4 || 8.8 || 1.8 || .7 || style="background:#cfecec;"|'''30.4'''
|- class="sortbottom"
| style="text-align:center;" colspan=2| Career
| 615687 || 402474 || 33.68 || .442443 || .364 || .854 || 5.01 || 56.71 || 1.5 || .45 || 2223.10
|- class="sortbottom"
| style="text-align:center;" colspan=2| All-Star
| 56 || 34 || 25.68 || .542474 || .489417 || .000 || 5.25 || 6.25 || .67 || .02 || 1716.45
{{S-end}}
 
2,425

回編集