「進研ゼミ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎その他: 加筆)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
また「到達度確認テスト」という名称などの教材を解いて送ると、受講生にあった勉強の仕方のアドバイスや進学校を教えてくれるものもある。
 
== テキスト主な教材 ==
=== チャレンジ(オリジナル スタイル) ===
[[進研ゼミ小学講座|小学講座]]・[[進研ゼミ中学講座|中学講座]]のテキスト、および高校講座の授業対策用テキストの名称。なお、正式タイトルは学年を冠した表記となっていたが(例:『小三チャレンジ』)、近年では紙のテキストは「オリジナル スタイル」という表記に変更されている。
なお、対象によって表記が以下のように異なる。
*小学講座
**『ちゃれんじチャレンジ』(仮名表記) - [[低学年]]向け
**『チャレンジ』(片仮名表記) - [[中学年]]および[[高学年]]向け
*中学講座および高校講座
**『Challenge』 (英語表記)
 
=== ハイブリッド スタイル ===
「オリジナル スタイル」のテキストに加え、[[iPad]]または専用のタブレット端末(を用いた中学講座のみ)を用いた学習方式。なお、受講にはインターネット環境が必要であり、学習用のiPadのレンタルサービスは行っていないため、各家庭がiPadとインターネット環境を用意しておく必要がある。小学講座のハイブリッドスタイルは廃止予定で、すでに申し込みは終了している。
 
:かつては高校講座でも専用のタブレット端末(Challenge Tablet NEXT)を用いた学習方式が存在したが、近年の高校生のスマートフォンの普及に考慮し、スマートフォンを用いた学習方式に移行した。
 
=== チャレンジタッチ ===
紙のテキスト「チャレンジ」の代わりに専用のタブレット端末を用いた使って学習する小学講座の学習方式。テキストは送られず、完全にタブレット端末を用いた学習が可能である
受講にはハイブリッド スタイル同様にインターネット環境が必要である。
 
216

回編集