メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
* 地下鉄ではSAPICAで自動改札機を通過して出場時にチャージ残額から運賃を引き去った場合、自動券売機で[[乗車券]]をSAPICAで購入した場合、[[自動精算機]]で乗り越し精算をSAPICAで行った場合に、市電・バスでは降車時にチャージ残額から運賃を引き去った場合に利用金額の10%がSAPICAポイントとして付与される。チャージ時およびポイントでの減算時には、SAPICAポイントが付与されない。
* 地下鉄ではSAPICAで自動改札機を利用して出場する際、市電・バスでは降車時の運賃引き去り時にSAPICAポイントが乗車区間の料金を上回る場合は1ポイント=1円に換算してSAPICAポイントから減算される。SAPICAポイントが乗車区間の料金を下回る場合は、チャージ残額より減算。
* 電子マネー利用時は[[セイコーマート]](札幌市内店舗)及び[[サッポロドラッグストアー|サツドラ]]・北海道くらし百貨店のみポイントが付与される<ref name="20111125_press">{{PDFlink|[http://www.sapica.jp/view/docs/seico_mart_service_start.pdf セイコーマートの札幌市内店舗でSAPICA 電子マネーサービスを開始します!]}} 札幌市交通局、2011年11月25日</ref>。支払い一回ごとに支払い総額の0.5%相当(200円につき1ポイント)を付与。ただし、1ポイント未満の場合は付与されない。
* SAPICAポイントを電子マネーとして利用することはできない。
 
電子マネーが利用可能な店舗・施設は主に札幌市内を中心として拡大しており、札幌市役所や各区役所のほか[[札幌市円山動物園]]の入園料にも利用可能。地下鉄駅構内の売店及び清涼飲料水の自動販売機にも一部対応したほか、自動証明写真機にも対応している。このほか、札幌市以外でも利用可能な店舗が増えており、交通系IC乗車券としての利用はできないものの電子マネーのみ利用可能なところもある。
 
上記の通り電子マネー利用ではセイコーマート・サツドラグループを除きSAPICAポイントは付与されないが、[[さっぽろ地下街]]で電子マネーを利用した場合は「さっぽろ地下街POINT CLUB」のポイントが付与される。
 
=== まちのわ ===
* [[2016年]]
** [[1月7日]] - 一定条件下でバス・市電から地下鉄に乗り継ぐ際、本来適用されるべき乗継割引が適用されず、運賃を過剰に収受していたことが発表された。この事象はバス・市電でのカード取扱を開始した2013年6月22日から、システムが改修される2015年12月25日までの約2年半に渡り発生しており、2,965人が影響を受けた<ref>{{Cite web|date = 2016-01-07|url = http://www.sapica.jp/view/docs/2016010701_press.pdf|title = 路面電車・バス車載機に係る乗継割引未適用となる事象について|publisher = 札幌ICカード協議会|format = PDF|accessdate = 2016-09-09}}</ref><ref>{{Cite web|date = 2016-02-17|url = http://www.sapica.jp/view/docs/2016021701_press.pdf|title = 路面電車・バス車載機に係る乗継割引未適用による過収受に係る返金について |publisher = 札幌ICカード協議会|format = PDF|accessdate = 2016-09-09}}</ref>。対象のICカードについては同年2月18日から返金を実施。
* [[2017年]]
** [[8月24日]] - [[ニッセンレンエスコート]]がマルチ決済サービスの提供開始<ref>{{Cite web |date=2017-08-24 |url=http://www.sapica.jp/view/attach/B5ADC1A44B56DB04A8BB31AA74E36786.pdf |title=ニッセンレンエスコートが「SAPICA」の加盟店拡大推進を開始|format=PDF |accessdate=2018-04-14}}</ref>。
* [[2018年]]
** [[4月9日]] - [[サッポロドラッグストアー]]が運営するサツドラ及び北海道くらし百貨店で利用開始<ref>{{Cite news |title=「サツドラ」でSAPICA利用可能に |url=https://www.sankeibiz.jp/business/news/180409/prl1804090932012-n1.htm |newspaper=SankeiBiz |date=2018-04-09 |accessdate=2018-04-14 }}</ref>。
 
== 脚注 ==
211,559

回編集