「真ゲッターロボ 世界最後の日」の版間の差分

編集の要約なし
; 第一部
: 近未来、人類は偶然にも'''ゲッター線'''の採取に成功する。だが、'''インベーダー'''の侵略により月が占拠される。人類は叡智の粋を集めスーパーロボット軍団を作り上げ、月面でインベーダーの撃退に成功した。
: かつて世界を救ったゲッターチームのリーダーだった'''流竜馬'''は遡ること3年前に'''早乙女博士'''殺害容疑により逮捕・収監され「A級囚人」となっていた。竜馬は愛する'''早乙女ミチル'''を奪った凄惨な事故により早乙女博士との確執を抱え、かつての仲間である'''神 隼人'''に根深い不信感を抱いており、早乙女博士殺害の容疑も隼人に着せられた濡れ衣が原因だった。一方、解散したゲッターチームのメンバーである'''巴 武蔵'''と後輩の'''車 弁慶'''は共に日本軍に在籍していた。二人は謎の荷物運搬の任務中にインベーダーの襲撃に遭遇。急遽、ゲッター3で応戦した武蔵は、コンテナの中身が首だけの男が入ったカプセルであることを見てしまい、武蔵の前に早乙女が駆る見たこともないゲッターロボが現れてカプセルを奪って行く。重傷を負った弁慶は武蔵が庇護していた'''早乙女元気'''を預かることになる。元気は父の死を見たショックから失語に陥っていた。弁慶、武蔵から謎の男'''號'''を奪取した早乙女はゲッタードラゴン軍団を率いて人類に戦いを挑む。竜馬は早乙女抹殺のため仮釈放され、単独でゲッター1を駆ってドラゴン軍団に戦いを挑む。竜馬が早乙女に引導を渡そうとしたそのとき、「やめるんだ」という號の声が響く。號の呼びかけでゲッターGのゲットマシンたちが合体し、巨大な真ドラゴンとなった。
: 竜馬は真ドラゴン破壊のため、ゲッター炉の自爆を試みるが早乙女にはお見通しだった。しかし、ゲッタードラゴンで竜馬を誅殺しようとした早乙女から竜馬を救ったのはそれぞれゲッター2、3を単独で駆る隼人と武蔵だった。一方、早乙女はインベーダーの襲撃に遭う。どうにか逃れた早乙女は號のパートナーとして用意したカプセルから出てきた怪物たちに襲撃される。武蔵との合体を果たした竜馬は早乙女研究所に乗り込む。そこで待っていた隼人と共闘することになった竜馬は、カプセルから出現した怪物たちの襲撃に遭う。それは本来、竜馬と隼人の遺伝子をベースに産み出されたものだった闘争本能だけに駆られる怪物と化していた。二人の窮地を救ったのは號が操る'''真ゲッターロボ'''の放ったゲッタービームだった。ゲッター線は進化を促すだけでなく退化もさせ、太古の恐竜時代に戻ってしまった真ゲッターに巨大化した怪物が襲いかかる。真ゲッターから落下した早乙女は武蔵のゲッター3に助けられる。
: 一方、国機連の幹部になっていたかつてのゲッター線研究者たちは早乙女の企みを止めるため日本壊滅のための重量子爆弾を発射。だが、インベーダーの浸食を受けたコーウェンとスティンガーが正体を現し、他の研究者たちを誅殺。竜馬、隼人、ミチルによって行われたゲッターライガーの合体テスト時、既にインベーダーの浸食を受けていたミチルは竜馬たちを救うためあえて犠牲になったのだった。後にミチルの遺体から真相を知った早乙女は共同研究者だったコーウェン、スティンガーの裏切りに気付きながら、あえてなにも事情を知らない竜馬と共謀者の隼人を恨んでいるフリをしていたのだった。コーウェン、スティンガーはICBMに乗って日本に飛来。弁慶の通信で危機を知った竜馬と隼人は號と三人で真ゲッターを駆ってミサイル着弾阻止に向かうが、三人を乗せた真ゲッターは分離してゲッター線爆心地である早乙女研究所に落下。元気を伴った弁慶は地下シェルターに避難する。
; 第二部
: 早乙女の反乱から13年の月日が流れた。インベーダーたちの侵略で地球は荒廃。元気を喪ったと語る弁慶は'''渓'''という逞しく美しい少女の養父になっていた。渓は'''凱'''や古田、団六といった仲間たちと共に日本政府の依頼で地下シェルターから地上調査に出た。その際にスーパーロボットとインベーダーの戦いに遭遇してしまう。そこでアメリカ人パイロットのランバートを救出するも、浅間山の決戦に向かうことに焦るランバートが日本軍のビィートを奪取。機体に取り付いた渓と弁慶はゲッター線の爆心地である早乙女研究所跡地に落下してしまう。隼人は敷島博士や副官のヤマザキと共に生き残った人類を救うためスーパーロボット軍団を率いる司令官となり、巨大な母艦「タワー」の艦長となっていた。隼人たちは真ドラゴンの炉心解体のためインベーダーたちに浅間山決戦を挑む。一方、早乙女研究所内で擱座した武蔵のゲッター3を目の当たりにし、遺品の帽子を回収した弁慶はインベーダーに浸食されていたランバートに襲われる。ランバートに殺されかけた渓を突如出現した真ゲッター2が救う。號は13年前と変わらぬ姿で生存していた。運命に導かれた渓とランバートの攻撃で重傷を負った弁慶は真ゲッターに乗り込む。號と重傷をおした弁慶の働きもあって真ゲッターは稼働し、インベーダーを撃退。だが戦いの後、弁慶は即座に病院送りとなり、渓や凱たちは世界を滅ぼした元凶である日本人だとシュワルツ少佐らスーパーロボット軍団のパイロットたちから憎悪を向けられる。さらに隼人たちの前にコーウェン、スティンガーが姿を現し真ドラゴンの炉心解体作業を妨害。インベーダーは機械(戦闘で大破したスーパーロボット)と融合した'''メタルビースト'''に進化していた。負傷の弁慶に替わる存在として、號は凱を新たなパイロットに指名する。こうして、號、渓、凱の新ゲッターチームによる真ゲッターロボの戦いが始まった。そんなとき、復活を遂げた早乙女博士が隼人、弁慶たちの前に姿を現す。我が子、元気こと渓に会うために・・・、隼人、弁慶たちの前に姿を現す。自我が崩壊し記憶を喪った渓は男の子だと素性を偽られていたのを利用して弁慶に娘として育てられたのだっていた。実父である早乙女を仇と憎む渓はインベーダー化した早乙女に戦いを挑むが、號と共に真ドラゴンの内部に取り込まれてしまう。二人は真ドラゴンを起動させるための鍵であり、號の正体は渓の実姉ミチルのクローンだった。二人を救出するため弁慶と凱は早乙女研究所地下にあったゲットマシン運用母艦クジラを引き摺りだし、二人を無事救出する。
: 號、渓とのコンタクト後、迷走を始めた真ドラゴンを追い、弁慶たちはクジラで世界を転戦。北極での戦いで黒いゲッターロボ'''ブラックゲッター'''を駆る竜馬が姿を現す。荒廃した[[ニューヨーク]]でSOSの信号を受信した弁慶たちは救援に向かい、そこで竜馬との再会を果たす。竜馬もまた13年前と全く変わらぬ姿だった。爆心地でゲッター線の光に包まれた竜馬は気がつくと月面基地に擱座したゲッター1のコクピットにいた。それを修理・改修した上で大気圏突入を果たした竜馬は地球に帰還してインベーダーたちと戦っていたのだった。だが、ニューヨークにおびき寄せたのは早乙女の罠だった。真意に気付いた竜馬たちはクジラのゲッター炉心を暴走させて危機を乗り切る。その頃、隼人やシュワルツたちは太平洋上の真ドラゴンめがけて集結したメタルビーストたちと交戦していた。竜馬と號たちは現場に駆けつけるが突然、號が倒れてしまう。號にかわり真ゲッターに乗り込んだ竜馬、弁慶は切り札であるタワーによる真ドラゴンへの直接攻撃に出て失敗した隼人を救出し、ゲッターチームを再結集させる。真ドラゴン内部で早乙女はコーウェン、スティンガーと共に'''メタルビースト・ドラゴン'''で真ゲッターと激しい戦いを繰り広げる。互角に見えた戦いだが、號が伝授した必殺技「'''ストナーサンシャイン'''」と実戦経験の差により竜馬たちゲッターチームが勝利。早乙女はインベーダーと分離し、竜馬たちに後事を託して絶命する。だが、メタルビースト・ドラゴンで宇宙に逃れたコーウェン、スティンガーは木星と融合して衛星を次々と呑み込み巨大インベーダーと化す。決戦の舞台が宇宙に移行する中、真ドラゴンとシンクロして地球上のゲッター線を吸収した號が絶命する。真ゲッターを筆頭にしたスーパーロボット軍団は宇宙でインベーダー迎撃にあたるが巨大かつ多数のインベーダーに苦戦。渓と凱も戦いに参加するが絶体絶命の窮地に陥る。しかし渓の窮地に號が復活。遂に真ドラゴンが最終形態となって戦いに馳せ参ずる。渓、凱を乗せた真ドラゴンは渓操縦の'''真ライガー'''、凱操縦の'''真ポセイドン'''に変形して巨大インベーダーを撃破する。だが、コーウェンとスティンガーが融合した惑星級インベーダーには歯が立たない。かったが、真ゲッターを頭に乗せた真ドラゴンはゲッター線を集中させて一刀両断にする。だが、時空の裂け目が出現。竜馬は6つの心を一つにした真の必殺技「真シャインスパーク」を提案し、真ゲッターの炉心を使用してこれを放つ。その際に位相空間内でインベーダー軍団との永劫の戦いを繰り広げるゲッター軍団を垣間見る。地球の未来を號、凱、渓に託し、竜馬たちゲッターチームは永劫の戦いに向けて旅立つのだった。
 
== 登場人物 ==
; ゴウ(號) / 早乙女 號
: [[声優|声]] - [[関智一]]
: 本作の主人公。カプセルの中から現れた謎の男。第1話の時点ではほぼ頭部だけの状態で、実質的な登場は第2話から。真ドラゴンの早すぎる覚醒に呼応して出現。搭乗しておらずとも真ゲッターや真ドラゴンを操る。その正体は早乙女博士とミチルの遺伝子を元にして敷島博士によりゲッター線の力で作り出された人造人間。普段は寡黙だが、戦闘時は人が変わったように叫び声を上げる。
: 重量子爆弾阻止時、真ベアー号に乗り、竜馬と隼人と共に迎撃に向かうも失敗。それから13年後、早乙女研究所内で元気ことケイが危機に陥ったことに反応し、13年前と変わらぬ姿で真ゲッター2と共に再び表舞台に姿を現す。以降は元気(ケイ)を守るためにも戦うようになり、ケイと共に真ドラゴンに取り込まれてからは進化し、人間らしい感情を示すようになっていった。邪神ドラゴンの影響で意識不明となるが、ケイのミチルへの祈りを感じ取ったことから、武蔵とミチルの魂を旧ゲッターチームの元に送り出し、必殺技「ストナーサンシャイン」のことも伝えた。旧ゲッターチームが初代ゲッターチームから真ドラゴンを解放したことで復活。ケイ、ガイと共に第二形態の真ドラゴンを制御し、地球を汚染していたゲッター線を真ドラゴンに全て吸収するが、その影響で自身は絶命してしまう。しかし、宇宙での戦闘で危機に陥ったケイに呼応して再び復活。最終形態へと進化を遂げた真ドラゴンと共に宇宙へ上がり、戦線復帰する。木星決戦の末、旧ゲッターチームから未来を託され、ケイとガイと共に元の宇宙に帰還した。
 
; ケイ(渓) / 車 渓 / 早乙女 元気 / 早乙女 渓
: 声 - [[日高奈留美]]
: 本作のヒロイン。第一部では'''早乙女 元気'''として登場。16年前の事故で姉ミチルを、更に父である早乙女博士が殺害され、兄とも慕っていた竜馬が犯人として逮捕・連行される悲劇を目の当たりにしてショックにより失語状態に陥る。早乙女博士の意向で男装させられており常に帽子を被っているが髪型はセミロング。事件後は武蔵が養父として養育していたが、重量子爆弾炸裂を目の当たりにして自我が完全に崩壊し過去の記憶を喪失。武蔵に託された元気の正体が「女の子」だと知った弁慶は元気が「早乙女博士の一人息子」としてシェルターに避難した日本人の憎悪を一身に背負うことを避けるため、「自分の娘である'''渓'''」だと素性を偽って養育。周囲には「元気は死に、渓を養女にした」と騙る。
: 男手一つかつ男所帯な環境で育てられたため、口調も性格も男勝りになっている。弁慶のことは「親父」と呼んでおり、常に親子ゲンカが絶えないが、親子の絆は確かにあった。
: 13年後に調査隊の一員として地上に出た際、インベーダーと真ドラゴン討伐隊の戦闘に巻き込まれ、早乙女研究所でゴウに助けられてからは真ジャガー号のパイロットとなる。早乙女が13年ぶりに姿を現した際、自身が早乙女家の「長男」として育てられた次女・元気だった頃の記憶を完全に取り戻した。仇と憎む早乙女を倒そうとして罠にかかり、助けようとしたゴウと共に真ドラゴンに取り込まれるが、そこでゴウの正体を知り、真ドラゴンから脱出。以降はゴウに恋愛感情を抱くようになる。消失した真ドラゴンの行方を追い、仲間たちと各地を転戦。太平洋の戦闘で意識不明となったゴウの看病の為、ガイと共に真ゲッターを降り、弁慶たち旧ゲッターチームの戦いを見守る。ビィートT23を駆ってガニメデ衝突阻止の戦いに参加し、弾切れとなった際にインベーダーに捕まってしまうも、復活したゴウの駆る真ドラゴンに助けられ、ガイと共に真ドラゴンに乗り込み、木星決戦を展開した。
; 流 竜馬(ながれ りょうま)
: 声 - [[石川英郎]]
: 早乙女博士殺害事件の犯人として冤罪で投獄されていたA級囚人。死んだ筈の早乙女が生き返って反乱を起こした際、皮肉にも「殺したとされた男を改めて殺す」ため、早乙女を抹殺することを条件に仮釈放され「A級刑務所での地獄」の恨みを晴らすべく、自身の人生を狂わせた早乙女と真犯人と目される隼人への復讐を開始。ゲッターチームのリーダーかつ最強の男として抜群の戦闘技術を誇り、旧型扱いされていたゲッター1を1人で操縦し、ゲッターロボGの大群を圧倒。真ドラゴンの脅威を知るやゲッター炉心の自爆に巻き込み破壊を図ろうとする等、早乙女博士曰く「危険な男。だが、それだけに行動は手に取るようにわかる」と評される。早乙女博士と隼人の計画と真意についてなにも知らされず、一人だけ茅の外に置かれた。
: 重量子爆弾崩壊に巻き込まれ行方不明となっていたが、ゲッター線の導きにより、13年後の世界にタイムスリップ。月施設で擱座したゲッター1のコクピットで目を覚ました後、修理・改修を施して地球に帰還し、インベーダーとの戦いを再開。隼人との和解を果たし、彼に渡された銃を返却。旧ゲッターチーム復活による真ゲッターで早乙女博士との戦いにも決着を付けた。木星決戦の末、隼人と弁慶と共に新たなる戦いに赴く。
: ゲッター1、ブラックゲッター、真ゲッター1を操縦。
: 早乙女博士殺しの張本人。計画のためとはいえ、竜馬に罪を着せたことを悔いており、3年後に竜馬と再会した際「全ての問題が片付いた後、俺を撃て」と自身の銃を竜馬に渡した。
: 事の発端はゲッターライガー合体実験の失敗時に早乙女ミチルが死亡。事故後にミチルがインベーダーに寄生されていた事が判明。ゲッターロボGの共同開発研究者であるコーウェン、スティンガーの裏切りとインベーダー寄生を察知した早乙女は隼人に計画の全容を明かし、二人の目を欺くため自身の死を演出(結果的に竜馬が冤罪で逮捕される)。その実、人類救済の切り札となる真ゲッターロボおよび真ドラゴン建造とパイロット養成に着手する。敷島博士の協力で亡くなったミチルの遺伝子でガイを、そのパートナーとして竜馬、隼人の遺伝子をベースに人造人間を産む筈が失敗し、闘争本能に特化した怪物と化す。真ドラゴンの早すぎる覚醒に慌て、早乙女博士も死亡。早乙女の計画に荷担した事を悔いた隼人は竜馬にも真相を明かさず、人類救済に命を賭す覚悟を決める。
: 重量子爆弾破壊に失敗した後、真ドラゴンの炉心解体のための討伐隊の指揮官となり、13年間にも渡る戦いにおいて、顔には無数の傷が付いた。真ドラゴン破壊のため、タワーで特攻をかけた後、隼人救出のためえて分離した竜馬たちの計らいで真ジャガー号に乗り込む。以降は指揮権をヤマザキに託して真ゲッターのパイロットに専念した。
: ゲッター2、真ゲッター2、タワーを操縦。
; 巴 武蔵(ともえ むさし)
; 早乙女(さおとめ)博士
: 声 - [[麦人]]
: 世界最高のゲッター線研究者。宇宙開発のためにゲッター線の研究に取り組んでいたが、3年前、ゲッターロボGのテスト中に愛娘ミチルを失ったことから狂気に陥ったかに見えたが、実際はインベーダーの計画を阻止するために敵も味方も欺き、えて人類の敵となることでゲッターチームを導いていた。計画のため、隼人を懐柔して自分を殺させ、ゴウを創り出し、真ゲッターや真ドラゴンを建造する。だが、計画が大幅に狂ったことを悟り、武蔵と共に死亡する。
: 第二部ではインベーダーに寄生されて復活を遂げ、元気ことケイを挑発。弁慶と新ゲッターチームを罠にかけるためニューヨークにおびき出す等暗躍する。コーウェン、スティンガーと合流し、初代ゲッターチーム(ゲッターロボ開発チーム)の一人としてメタルビースト・ドラゴンを操縦した。最後の戦いでは真ゲッター1のストナーサンシャインで倒される直前に自分の体内に寄生していたインベーダーが逃げ出そうとしたところを捕らえ、竜馬らに後事を託しインベーダーを道連れにして死亡。3年前の事件が元で竜馬からの敬意を失い「(早乙女の)ジジイ」と呼ばれるようになった。
: 真ゲッター、ゲッタードラゴン、メタルビースト・ドラゴンを操縦。
; 早乙女 ミチル(さおとめ ミチル)
: 声 - [[長沢美樹]]
: 早乙女博士の娘にして元気の姉。かつてゲッターロボのテストパイロットとして研究に協力していたが、ゲッターロボGの合体テスト中、衝突事故で死亡する。実は事故直前に自分の体にインベーダーに寄生していたことに気付き、竜馬と隼人を救うためえて犠牲になった。死後に回収された遺体から早乙女は真相を知り、竜馬と隼人を恨んだように見せかけ、その実インベーダーを撃退するために行動を始めた。非業の死を遂げてしまったミチルであるが、ケイと名を改めた元気を思う気持ちは自身の遺伝子も用いられたゴウに受け継がれた。
; コーウェン
: 声 - [[郷里大輔]] / [[三宅健太]]([[第2次スーパーロボット大戦Z|第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇]])
; ブラックゲッター
: 13年後の未来に飛ばされた流竜馬が月のゲッター線研究ラボの跡地に放棄されていた壊れたゲッターロボ(正確にはゲッター1)を独自に修理・改造し、戦闘能力(特に近接戦闘)を格段にアップさせたもの。戦闘力はゲッターGに匹敵するが、変形機構はオミットされている。武装は両拳のスパイクに左下腕部にむき出しで大型化されたカッター(書籍によってはゲッターレザー)、そしてゲッタービームと竜馬のスタイルに合わせ、格闘戦重視になっている。また、本来機体色は赤だったが大気圏突入時の摩擦熱で塗装がこげて黒色になった。第10話で真ドラゴン・第2形態にゲッターエネルギーを吸い尽くされて海上へ墜落。そのため、第10話以降の登場はない。
: ゲーム『スーパーロボット大戦D』ではその後も使用可能。また、『[[第2次スーパーロボット大戦α]]』および『[[第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ]]』にも特別出演している。コクピット自体は残っているのか、スーパーロボット大戦シリーズでは3人乗りを可能としていた。
; 真ドラゴン
: ゲッターロボGが無数に集合・合体し誕生したゲッターロボ。劇中3度の進化を遂げる。最終形態では「真ドラゴン」「真ライガー」「真ポセイドン」の3形態への変形も可能。真ドラゴン最終形態の下半身は、漫画版『ゲッターロボG』に登場したアトランティス製ロボット、ウザーラに酷似する。
: 真ドラゴンの操縦はゴウ、真ライガーはケイ、真ポセイドンはガイが行う。真ゲッターロボが手のひらに乗れるほど巨大なマシンであり、全長は6000m以上にも及ぶ。
: 三体のゲッターマシンに分離・合体することで変形するのではなく、中央部の筒状部を中心として、真ドラゴンは龍の首と尾、ゲッタードラゴンの上半身、真ライガーは巨大ドリルとロケット、ゲッターライガーの頭と足、真ポセイドンは巨大な右腕と[[フレイル]]状の左腕、ゲッターポセイドンの頭部と[[無限軌道|クローラー]]のついた脚部がそれぞれ出てくることで変形する。
: [[ガニメデ (衛星)|ガニメデ]]をゲッタービームの一撃で粉砕するほどのパワーを持ち、真ゲッターロボと協力して、人工的に[[ワームホール]]を生成可能、空間跳躍を行っていた。なお、決戦兵器の「真・シャインスパーク」<ref>劇中では一貫して「シャインスパーク」と呼ばれ、『スーパーロボット大戦D』でもそれを踏襲して武器名は「シャインスパーク」で登録されていたが、『第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇』で「真・シャインスパーク」に改められた。</ref>も備え、最終決戦後に数万kmの時空の裂け目を破壊する手段として放った。その威力は絶大で、次元境界面を越えてなお、星を破壊するほどの余波が発生するほどであったが、最後は空間跳躍の衝撃で大破した。
: 『スーパーロボット大戦D』でスポット参戦するが、その際の損傷や出力の問題でしばらく使用できなくなる。ゲーム後半で正式に自軍に入る際は意図的にデチューンされていると設定されている。また、『[[Another Century's Episode#Another Century's Episode 3 THE FINAL|Another Century's Episode 3 THE FINAL]]』(以後『ACE3』)では、ゴウが真ドラゴンを選ばなかった事で空白となったコアに、代替コアとして選んだゲームオリジナルのキャラクター(ベルクト)を乗せて、最終ボスとして登場する。『[[第2次スーパーロボット大戦Z|第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇]]』では、真ドラゴン以外の形態はユニットとして登場しない(チェンジ・真ライガー、チェンジ・真ポセイドンという武装を使用すると変形して攻撃する)。また、真・シャインスパークは原作を再現して真ゲッターロボとの合体攻撃に変更されたほか、母艦としての機能も備えている。
; ゲッターエンペラー
匿名利用者