「オルホン渓谷」の版間の差分

編集の要約なし
*: 8世紀初頭の[[ビルゲ・カガン]]から[[キョル・テギン]]までの[[突厥文字]]による記録。明らかに突厥のモニュメントの中で最も際立ったものである。[[1889年]]から[[1893年]]にかけて、ロシアの[[考古学]]者たちが発見し、解読した。
* [[カラ・バルガスン遺跡|カル・バルガス遺跡]] (Ruins of Khar Balgas)
*: 8世紀の[[ウイグル可汗国]]の[[オルド・バリク]]の遺構。50 [[平方キロメートル|km<sup>2</sup>]] に宮殿、店、寺院などが有った<ref>『九姓回鶻愛登里羅汨蜜施合毘伽可汗聖文神武碑(並びに序)』には「北方の隅に国を襲ひ、'''嗢昆の野'''に都を建てる」と有る。</ref>。
* [[チンギス・カン]]の首都[[カラコルム]]の遺跡
* [[エルデネ・ゾー|エルデネ・ゾー僧院]] ([[:en:Erdene Zuu monastery|Erdene Zuu monastery]])
匿名利用者