メインメニューを開く

差分

WP:V 49.135.77.206 (会話) による ID:68223237 の版を取り消し
== 日本 ==
1960年代まで[[日本]]の[[国会 (日本)|国会]]では、[[一党優位政党制|一党優位]]の状態にあった与党[[自民党]]に対抗して政策決定に影響力を持つための手段として、野党が議場占拠など物理的に審議を妨害する手段をとった<ref name=sone>[[曽根泰教]], [[岩井奉信]]「[https://www.jstage.jst.go.jp/article/nenpouseijigaku1953/38/0/38_0_149/_article/-char/ja/ 政策過程における議会の役割]」『年報政治学』Vol. 38 (1987) p149-174</ref>。しかし、特に[[安保闘争]]時の混乱により「乱闘国会」と呼ばれるなどして[[世論]]に国会不信が生まれたため、与野党間での申し合わせが結ばれ、野党は議場占拠などの物理的抵抗をせず、自民党は[[単独審議]]や[[単独採決]]を行わないことになった<ref name=sone/>。1970年代以降、野党はその代わりに審議拒否を主たる対抗手段として使うようになった<ref name=sone/>。度を越した審議拒否は世論の離反を招くため、野党側にも自制は働く<ref name=ito/>。
 
しかし、この流れは2009年の政権交代を経て2012年の自民党政権奪還以降変わった。「[[民主党_(日本)|民主党]]は自分たちが安定して政権運営を行えなかったくせに都合が悪くなると審議拒否する」という批判に晒されるようになった。さらに自民党の世襲体質を批判して「安倍首相や麻生氏は庶民感覚が足りない」と繰り返したために、「職場に出ないで給料満額貰える連中が一番庶民感覚から外れている」とも言われるようになった。[[Web]]の発展により、今まで非自民系政党の審議拒否を抵抗行動としてかばっていた[[マスメディア]]の報道を通さず「これはサボりだ!」とする意見が直接エンドユーザー間で飛び交うようになった結果、審議拒否をした野党は与党よりさらに支持率が落ちるというフローが完成してしまった。また、物理妨害を排除するための申し合わせだったにもかかわらず、度々暴力・乱闘行為が繰り返されたことが、「国会議員が暴力手段を取らないのは当然のこと」という有権者の認識とともにこれに拍車をかけた。さらには与党だけでの採決を容認する声も大きくなっており、国民の支持が得られる環境ではなくなった。
 
==意見==
匿名利用者