「サルトルとボーヴォワール 哲学と愛」の版間の差分

m
|次作=
}}
『'''サルトルとボーヴォワール 哲学と愛'''』(サルトルとボーヴォワールてつがくとあい、''Les amants du Flore'')は[[2006年の映画|2006年]]の[[フランスの映画|フランス]]の[[テレビ映画]]。20世紀を代表する[[哲学者]][[ジャン=ポール・サルトル]]と、その生涯のパートナーで女性論の古典『[[第二の性]]』を著した[[シモーヌ・ド・ボーヴォワール]]の愛と苦悩を描いた[[伝記]]映画である<ref>{{Cite web|url=http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102389/|title=サルトルとボーヴォワール 哲学と愛|publisher=[[WOWOW]]|accessdate=2013-05-25}}</ref>。
 
テレビ映画として制作され、本国フランスをはじめ、いくつかの国でテレビ放送されたが、日本では劇場公開された。
[[Category:20世紀の哲学]]
[[Category:21世紀の哲学]]
[[Category:ジャン=ポール・サルトル]]