メインメニューを開く

差分

→‎燻乾法の確立: 諸国鰹節番付には「土州 清水節」とあり、静岡の清水は誤り
大坂・江戸などの鰹節の消費地から遠い[[土佐国|土佐]]ではカビの発生に悩まされたが、逆にカビを利用して乾燥させる方法が考案された。この改良土佐節は大坂や江戸までの長期輸送はもちろん、消費地での長期保存にも耐えることができたばかりか味もよいと評判を呼び、土佐節の全盛期を迎える。改良土佐節は燻乾法を土佐に伝えた甚太郎の故郷に教えた以外は土佐藩の秘伝とされたが、印南浦の土佐与一(とさのよいち)という人物が[[安永]]10年(1781年)に[[安房国|安房]]へ、[[享和]]元年([[1801年]])に[[伊豆国|伊豆]]へ製法を広めてしまったほか、別の人物が[[薩摩国|薩摩]]にも伝えてしまい、のちに土佐節・薩摩節・伊豆節が三大名産品と呼ばれるようになる。
 
江戸期には国内での海運が盛んになり、九州や四国などの鰹節も江戸に運ばれるようになり、駿河<!--直感的におかしいので修正。「清水節」が遠江の産物であるという土佐今の静岡市清水区ではない別の地名に由来する、等の)ソースをお持ちの方がもしいらっしゃいましたら、提示をお願い致します。-->(静岡高知)の「[[土佐清水|清水]]節」、薩摩<ref name="屋久島">[[屋久島]]は実際は薩摩国ではなく、[[大隅国]]に属する。</ref>の「[[屋久島]]節」などを大関とする鰹節の番付表が作成された。
 
; 参考・[[文政]]五年([[1822年]])の諸国鰹節番付
1,433

回編集