「セントルイス万国博覧会」の版間の差分

シュタイフについて加筆
m
(シュタイフについて加筆)
'''セントルイス万国博覧会'''(セントルイスばんこくはくらんかい, Louisiana Purchase Exposition, Expo 1904)は、[[ルイジアナ買収]]100周年を記念して、[[1904年]][[4月30日]]から[[12月1日]]まで[[アメリカ合衆国]][[ミズーリ州]]の[[セントルイス]]で開催された[[国際博覧会]]である。60ヶ国が参加し、会期中1969万人が来場した。この時、[[セントルイスオリンピック]]が同時開催された。
 
アメリカ軍の捕囚の[[インディアン]]の族長[[ジェロニモ]]らが[[人間動物園]]として展示されるなどした{{sfn|松村赳|富田虎男|2000| p=282}}。また[[ドイツ]]からは[[マルガレーテ・シュタイフ]]の[[テディベア]]が出品され、グランプリを受賞した<ref>『マルガレーテ・シュタイフ物語』(磯みゆき著、[[ポプラ社]]、2011年6月)128頁。</ref>
 
日本館は博覧会終了後、タカジアスターゼやアドレナリンの発明者でアメリカで成功していた[[高峰譲吉]]に譲渡され、[[サリバン郡 (ニューヨーク州)]]メリーウォルドにある高峰の所有地内に移築され、夏の別荘「松楓殿」として使用された<ref name=aoyagi>[https://books.google.co.jp/books?id=fY2H_PRnMvAC&printsec=frontcover#v=onepage Jokichi Takamine (1854-1922) and Caroline Hitch Takamine (1866-1954) ]William Shurtleff, Akiko Aoyagi, Soyinfo Center, 2012, page:Jokichi Takamine10</ref>。高峰が没した翌年妻が売却し、以降売買が繰り返され、[[タキヒョー]]の所有となった<ref>[http://www.npo-takamine.org/contribution/03.html 「松楓殿」今昔]NPO法人高峰譲吉博士研究会、</ref>。