「電話番号」の版間の差分

→‎電話番号の記述表記: 括弧の用法を中心に俗説を独自にまとめた独自研究色が強いためコメントアウト。削除するか信頼できる情報源を出典とした記載とすべき。
編集の要約なし
(→‎電話番号の記述表記: 括弧の用法を中心に俗説を独自にまとめた独自研究色が強いためコメントアウト。削除するか信頼できる情報源を出典とした記載とすべき。)
タグ: コメントアウト
一般的に電話番号は「市外局番」または「エリアコード」と、「市内局番」、「加入者番号」の3種から成り立ち、記述する場合はそれぞれを[[ハイフン]](-)記号または空白記号で区切って記述する(例:03-9999-0000、03 9999 0000)。携帯電話番号も同様に記述する(例:090-9999-0000、090 9999 0000)。
 
<!--
しかし、空白記号を用いると同一地域内から発信する場合に省略可能な市外局番やエリアコードが見分けづらかったり、ハイフンを用いて記述する場合、近年の情報通信機器の発達と普及に伴って電話番号が数式と誤認識されてしまうなどの問題もあり、「( )」([[丸括弧]])記号を用いた表記も一般的となっている。この場合、丸括弧はハイフンの代用として用いられたもの(例:03(9999)0000)であるが、丸括弧が学術表記において省略を表す記号として用いられていることや、国際電話番号表記において発信しない番号を括弧書きで記す(例:+81 (0)3-9999-0000)ことが一般的であることから、同一地域内において省略可能である市外局番を括弧書きにするという記述(例:(03)9999-0000)も普及した。通信事業を所管する各国の省庁(日本では[[総務省]])は記述方法にまで言及しておらず、電話番号を自ら表記する者や電話番号の記入を求める者の判断に任されている。日本の場合、官公庁や企業などは多くがハイフンを用いて記述しているが、これは代表電話番号を表記した横に括弧書きで各部署の内線番号を併記する(例:03-9999-0000(内線001) )ことが多いため見やすさが考慮されているからである。これに習ってか公文書や履歴書等の電話番号記入欄においては通常ハイフンを用いて記入を行うことが一般的であるが、ハイフンの代用として丸括弧を用いて記述しても差し支えるものではない。電話番号記入欄にあらかじめハイフンが書かれている場合はそれに従い、丸括弧が書かれている場合は、丸括弧が記入欄の冒頭(左端)にある場合はその中に市外局番を記入して市内局番と加入者番号はハイフンを用いて記入(例:(03)9999-0000)し、丸括弧が記入欄の中央付近に書かれている場合はハイフンの代用として記入(例:03(9999)0000)を行う。なお、丸括弧が記入欄の末尾(右端)に記載されていることはあまり一般的ではないが、この場合は市外局番と市内局番はハイフンを用いて記入し丸括弧内に加入者番号を記入(例:03-9999(0000) )する。
-->
 
== 関連項目 ==