「伴信友」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2016年10月}}
[[File:Ban Nobutomo.jpg|thumb|300px|伴信友 『国文学名家肖像集』より]]'''伴 信友'''(ばん のぶとも、[[1773年]][[3月17日]]([[安永]]2年[[2月25日 (旧暦)|2月25日]]) - [[1846年]][[12月2日]]([[弘化]]3年[[10月14日 (旧暦)|10月14日]]))は、[[江戸時代]]後期の[[国学]]者である。幼名は'''惟徳'''。通称は'''州五郎'''。号は'''事負'''。
 
博覧強記で、古典の考証に優れていたおり、[[平田篤胤]]、[[橘守部]]、[[小山田与清]]とともに、「[[天保]]の国学の四大人」と呼ばれる
[[平田篤胤]]、[[橘守部]]、[[小山田与清]]とともに、「[[天保]]の国学の四大人」と呼ばれる。
 
[[若狭国]][[小浜藩]]士・山岸惟智の四男として生まれたが、[[1786年]]([[天明]]2年)、同藩の伴信当の[[養子]]となる。[[1801年]]([[享和]]元年)村田春門を介して[[本居宣長]]没後の門人となり、宣長の養子の[[本居大平]]に国学を学ぶ。[[1821年]]([[文政]]4年)、息子の[[伴信近|信近]]に家督を譲り、以後、学問に専念した。