「鶴山公園」の版間の差分

 
===備中櫓===
本丸御殿の南に位置し、その名は森忠政の娘婿である田備中守長幸に由来すると伝えられている。
築城400年の記念事業として復元され、平成17年春から一般公開されている
<ref>備中櫓復元整備基本計画書 津山市教育委員会</ref>。
===文学碑===
*鐘つかぬ里は何をか春のくれ [[松尾芭蕉]](明治36年設置)<ref name="IshiKoe">「石の声ーみまさか文学碑ー」福田景門著・美作観光連盟発行</ref>
*生ぬくきにほひみたせて山くら 咲ききはまれば雨よらしも [[尾上柴舟]](昭和29年設置)<ref name="IshiKoe"/>
*おのからあゆみもおそくなりにけり さくら花さくののかよひ 直頼高(昭和53年設置 薬研堀前)<ref name="IshiKoe"/>
*秋風や城といふ名に石枯るる 大谷碧雲居(昭和53年設置 薬研堀前)<ref name="IshiKoe"/>
*花屑きのふけふなし苔の艶 大谷碧雲居(昭和53年設置 鶴山塾前)<ref name="IshiKoe"/>
 
*おくられて来しを身ながらおくらるる 人の悲しさかへり見もせず [[棟方志功]](平成17年設置)<ref name="IshiKoe"/>
 
;津山文化センター前(鶴山公園の北西に隣接)
*佐保姫に合ふ靴をおく冷えの城下 白崖手で叩く [[西東三鬼]]不舎昭和53平成24年設置 文化センター前)<ref name="IshiKoe"/>
*花冷えの城の石崖手で叩く [[西東三鬼]](昭和53年設置 文化センター前)<ref name="IshiKoe" />
 
===鶴山館===
69

回編集