「アナ・リリー・アミールポアー」の版間の差分

m
邦題追加
m (邦題追加)
タグ: 2017年版ソースエディター
短編映画をいくつか手がけた後、2014年に『{{仮リンク|ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜|en|A Girl Walks Home Alone at Night}}』で長編映画監督デビューを果たす。「初のイラニアン・ヴァンパイア・スパゲティ・ウエスタン」と称された同作は[[サンダンス映画祭]]で上映されて話題を呼び、{{仮リンク|キノ・インターナショナル (企業)|en|Kino International (company)|label=キノ・ローバー}}の目に止まって{{仮リンク|ヴァイス (雑誌)|en|Vice (magazine)|label=ヴァイス・フィルムズ}}により配給された<ref>S.M., 25 New Faces of Independent Film 2014, Ana Lily Amirpour, http://filmmakermagazine.com/people/ana-lily-amirpour/</ref>。『ヴァイス』のクリエイティブ・ディレクターのエディ・モレッティは彼女を「次の[[クエンティン・タランティーノ|タランティーノ]]」と呼び<ref>Beer, Jeff. (September 3, 2014) "[http://www.fastcocreate.com/3034207/creative-cultures/take-a-look-inside-the-headquarters-of-vice Take A Look Inside the Headquarters of Vice]". ''Fast Company''. Retrieved June 20, 2016.</ref>、また『[[ニューヨーク・タイムズ]]』の[[A・O・スコット]]は映画を「[[ジム・ジャームッシュ]]のようにクール」で「無邪気な初々しいけ無法者のロマン主義」と評した<ref> Scott, A.O. and Dargis, Manohla. (March 18, 2014) "[http://www.nytimes.com/2014/03/19/movies/new-directors-new-films-festival-opens-with-bold-strokes.html Pushing Buttons and Boundaries on Movie Screens: New Directors/New Films Opens With Bold Strokes]". ''New York Times''. Retrieved June 20, 2016.</ref>。さらに『{{仮リンク|フィルムメイカー (雑誌)|en|Filmmaker (magazine)|label=フィルムメイカー}}』は2014年のインディペンデント映画のニューフェイス25人の1人に彼女を挙げた<ref>Kang, Inkoo. (July 21, 2014) "[http://www.indiewire.com/2014/07/half-of-filmmaker-magazines-25-new-faces-are-women-206270/ Half of Filmmaker's 25 New Faces Are Women]". ''Indiewire''. Retrieved June 20, 2016.</ref>。
 
2016年には長編第二作『''[[:en:The Bad Batch|The Bad Batchマッドタウン]]''』が公開され<ref>Eric Edelstein, Ana Lily Amirpour Is the Raddest Filmmaker Working Right Now, http://www.indiewire.com/article/ana-lily-amirpour-is-the-raddest-filmmaker-working-right-now-20141120</ref>。
 
== フィルモグラフィ ==
* ''The Garlock Incident'' (2012) 原案
* [[ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜]] ''A Girl Walks Home Alone at Night'' (2014) 監督・脚本
*[[マッドタウン]] ''[[:en:The Bad Batch|The Bad Batch]]'' (2016) 監督・脚本
 
=== テレビドラマ ===