「気体定数」の版間の差分

m
→‎top: {{gasp}}を{{math}}と{{val}}へ
(定義定数)
m (→‎top: {{gasp}}を{{math}}と{{val}}へ)
{{物理定数
|名称= モル気体定数
|英語= molar gas constant
|記号= {{mvar|R}}
|値= {{val|8.3144598|(48)|u=J K{{sup-|1}} mol{{sup-|1}}}}<ref name="CODATA">[[#nist|CODATA Value]]</ref>
|不確かさ= 5.7{{e-|7}}
}}
'''気体定数'''(きたいていすう、{{Lang-en-short|gas constant}}<ref>[[#sciterm|『学術用語集<物理学編>』]]{{要ページ番号|date=2015年12月29日}}</ref>)は、[[理想気体]]の[[状態方程式]]における係数として導入される[[物理定数]]である<ref name="atkins">[[#atkins|アトキンス『物理化学』]] p.20</ref>。理想気体だけでなく、[[実在気体]]や[[液体]]における量を表すときにも用いられる。
である(2014[[科学技術データ委員会|CODATA]]推奨値<ref name="CODATA" />)。
 
気体定数は、[[ボルツマン定数]] ''{{Mvar|k''}} の[[アボガドロ定数]] {{Math|''N''{{sub|A}}}} 倍である。したがって、[[2019年]][[5月20日]]に施行予定の国際単位系(SI)の改定([[新しいSIの定義]])によって、[[ボルツマン定数]]も[[アボガドロ定数]]も定義定数となるので、気体定数は、も定義定数となり {{gapsMath|{{Val|1.380|649380649|e=−23-23|uul=ジュール毎ケルビン(J·/K<sup>−1</sup>)}} ×&times; {{gapsVal|6.022|140|7602214076|e=23|u=[[モル|mol]](mol<sup>−1&minus;1</sup>)}}  {{=}} 正確に {{Val|8.314 462 618 153 24 31446261815324|u=J·K<sup>−1&minus;1</sup>·mol<sup>-&minus;1</sup>}}}} となる([[新しいSIの定義]])
 
== 記号 ==
 
== 性質 ==
* [[定圧モル熱容量|定圧モル比熱]]と[[定積モル熱容量|定積モル比熱]]では前者のほうが大きく、その差は気体定数 ''{{Mvar|R''}} に等しく、これは[[マイヤーの関係式|マイヤーの法則]]と呼ばれている。
* 気体定数は、[[ボルツマン定数]] {{Math|''k''}} と[[アボガドロ定数]] {{Math|''N''{{sub|A}}}} との積に等しく、数式で表せば {{Math|''R'' {{=}} ''k'' ''N''{{sub|A}}}} となる。
 
== 脚注 ==