「越智氏」の版間の差分

越智氏人物として初めて史上に登場するのは、越智郡大領の先祖である越智[[直 (姓)|直]](おちのあたい)である。[[白村江の戦い]]で捕虜になったが、[[観音菩薩]]の霊験により無事帰還することができ、観音菩薩を奉じて寺を建てたという話が[[日本現報善悪霊異記|日本霊異記]]に載せられている。支配力が低下する中、[[仏教]]によって在地支配を再構築しようとした様子が伺われる。(建立された古代寺院跡の場所は不明。)
 
伊予史上では、[[神護景雲]]元年([[767年]])に献物により叙位された越智郡大領の「越智直飛鳥麻呂」と「越智直国益」が最初である。[[天暦]]2年([[948年]])には[[伊予国]]から海賊平定の功により「[[越智用忠]]」への叙位が認められており[[承平天慶の乱]]で政府軍側に立って戦ったことがわかる。[[永延]]元年([[987年]])[[東三条第]]で[[相撲]]があり、[[越智常世]]が伊予より助手として参加するなど、その後も史上には登場するものの、越智為保を伊予追捕使に任命[[長保]]4年([[1002年]])以降、越智氏が伊予の表舞台に登場することはない。
 
[[寛仁]]2年([[1018年]])に、[[伊予国|伊予守]]「[[源頼光]]」が「[[藤原道長]]」に[[土御門殿]]の家具一切を献上したとあり、11.[[12世紀]]から国営支配の実権を握っていたのは[[在庁官人]]と呼ばれた地方豪族だったことからも、[[源氏]]は伊予守時代に越智氏と何らかの関係性が考えられ、[[源頼光]]が[[清和源氏]]三代目で、異母弟に[[源頼親]]が居ることや、越智氏のその後が表立って伊予で確認出来ない時期的なことからも、活躍の場を大和に移したとしても不思議ではない。