「江戸むらさき」の版間の差分

編集の要約なし
本来「江戸紫」とは、古来の染物の色名であるが、佃煮に使用される[[醤油]]の別名「ムラサキ」に掛けた名称である。
 
原材料となる海苔は、[[三重県]]・[[伊勢湾]]で採れた[[青海苔]]([[ヒトエグサ]])を発売当初から使用し、醤油・[[砂糖]]・[[水飴]]で味を調えて釜で炊き上げて作る製法・味付けは現在まで変わっていない。発売当初は職人の手で行われていたが、現在はすべて機械化されている。こうしたことから発売当時、戦後の食糧難で[[サッカリン]]や[[ズルチン]]などの[[人工甘味料]]を使った佃煮が出回っていたこともあり、「'''良い海苔 良い味 何はなくとも江戸むらさき'''」を[[キャッチコピー]]に掲げ、本物志向である海苔であることをアピールした。
 
海苔の佃煮の[[代名詞]]といえる商品で、他にも「ごはんですよ!」シリーズ、「あまいですよ!」、「江戸むらさき特級」など豊富なラインナップが揃っており、[[椎茸]]や[[明太子]]、[[紫蘇]]などが混ぜられた商品もある。
1,342

回編集